スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canta!Timor

昨夜島のカフェで行われた映画の上映会に行ってきました。

「歌え!ティモール」というタイトルのドキュメンタリー映画。

ティモールという、この小さな国と、人々と、そしてそこで実際に起きた「できごと」を
私は今まで、本当に、何も知りませんでした。





Canta!Timor公式ホームページ

東南アジア、東ティモールを舞台に、大地とのきずなを描くドキュメンタリー。


1999年までの24年間で人口の3分の1を失うという、狂気のような殺りくを受けた東ティモール。消えない悲しみを抱きながら、許すという選択をした人々の姿が、美しい音楽とともに綴られる。


日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモール問題を取り上げた、国内初の作品。


作者らは極力通訳を介さず、住民と共に暮らす中から歌と言葉を引き出した。ゲリラ兵や、女たち、シャーマン、獄中から東ティモール独立を率いた初代大統領の貴重なインタビューが含まれる。文字を持たない口承文化特有の、詩のようにつむがれる言葉の数々が、胸に残って離れない。


 ストーリー
-----------------------------------------
東ティモールで耳にした、ある青年の歌。日本帰国後もメロディが耳に残って離れない。作者は青年を探すため島へ戻る。そして一つの旅が始まった--------。

「ねぇ仲間たち。ねぇ大人たち。僕らのあやまちを、大地は知ってるよ-------」

歌はこう始まっていた。直接的な言葉を歌えば命に危険が及ぶ、インドネシア軍事統制下にひっそりと歌われた歌だった。

青年に連れられて、作者は島の奥へと入っていく。そこに広がるのは、精霊たちと共にある暮らし。太陽に照らされた、はじけるような笑顔の人々。

その一方で、人口の3分の1の命を奪ったインドネシア軍の攻撃が濃い影を落とす。報道にのらない地下資源ビジネス、日本政府の驚くべき行動。


「悲しい。いつまでも悲しみは消えない。でもそれは怒りじゃない。」

「日本、ティモール、インドネシア。みな同じ。
母一人、父も一人。大地の子ども。
叩いちゃいけない。怒っちゃいけない。」



弾丸が飛び交う中、人々は命をわけるように助け合い、大地への感謝を歌と踊りに表し続けた。

自然を敬い、輪になって踊る、遠く懐かしい風景。

いつのまにか、ティモールの旅はそっと作者に問いかける。愛すべきふるさと、日本の島々の姿を-----。


広田奈津子さんの監督トーク(美しい~!)



ショックでした。中でも、遠くティモールで起きたこの大きな惨劇に、日本が加担していたことが。とても、ショックでした。
多くの犠牲と流れた血と涙の上に立たなければ、私たちの国は回っていかないものなのでしょうか?
本当に??
そうして得た「利潤」はどこにいくのでしょうか?
私たちは、本当にそんなことを望んでいるの?

もしもこの事実を私たちがもっと広く知っていたのなら、私たちは「それ」を止める事ができたのかな。
もしもこの事実を知っていて、それでも「見てみぬふり」ができるなら、私たちに「平和」を謳う資格はない。

私もどうしたらいいか分からない。でも、どうにかしたい。

とにかく、もっといろんな人に、このすばらしい映画を観てほしい!
そんなふうに思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。