スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の力をいただく 野草料理教室

更新が遅くなりました(汗)
荷物も届き、なんとか、暮らせるまでに片付いてきました。
あとは、お風呂のボイラーが直れば…。
今は銭湯通いです。
これはこれでいいけど、時間を気にせず、家でお風呂に入れるようになりたい。

さて、本題を…。

島に来た次の日、素敵なイベントに参加して来ました☆彡

東京からお子さんを連れて避難、移住されてこられた、ご近所のやなぎさんが企画してくださいました。

<講師>
 かんたま 栗山実穂  

マクロビオティック リマクッキングスクール師範科卒。 かんたま企画代表。 

京都綾部にて自然農法を実践し天産自給の生活を送りながら、穀物菜食、野草料理など食事療法の研究や身近な食物、野草でのお手当て、黒焼き療法など民間伝承医学を研究中。野草料理研究家・若杉友子先生のアシスタントも務める。料理教室、講演会を企画し「~薬に頼らない生活法~」を提案し活動しています。 古代フラの踊り手でもあります。
(プロフィールより)

栗山さんの師匠である若杉友子さんの本が出ています。

野草の力をいただいて 若杉ばあちゃん食養のおしえ野草の力をいただいて 若杉ばあちゃん食養のおしえ
(2011/06/27)
若杉友子

商品詳細を見る

「おばぁちゃん、草って食べられるんやね」
「当たり前やないの。今は野菜で病気する時代やで。今の野菜には生命力がない。草を食って生きていかにゃ。」

本の後半に、放射能の時代を生き抜くヒント、知恵もかかれています。栗山さんご夫婦も登場!
写真もたくさん載ってて、とても実践的!
おばぁちゃんの知恵がぎゅぎゅっと詰まった一冊。
わかりやすくて、眺めているだけでも面白いです♪
興味のある方は、是非読んでみてくださいね♪


今回はお弟子さんである栗山さんが、初心者でもわかりやすく、丁寧に説明してくださいました。

まずは、みんなで野草を摘みにでかけます。





何気なく通り過ぎていたけど、よくよく見ると、いろんな草が生えていて、食べられる草が結構あることに驚きました!
若杉ばぁばの本にも書いてありましたが、今までただの草原だったところが、急に宝の山に見えてきます♪


今回摘んできたのは、主に、しゃく(にんじんのはっぱに似た草)、からすのえんどう、よもぎ、はこべ、など。

大人も子供も、みんな夢中で草をつんでいましたよ♪

草によって、採るのに適した時期や、部位が違います。
調理方法も、さまざま。

知らない事だらけで、まさに目からうろこでした。

積みたてのよもぎはホワイトリカーにつけて、傷薬に。

からすのえんどうなど、灰汁の強めな野草は、醤油洗いという方法を用いるようです。
きれいに洗って、塩茹でしたあと、1:1の醤油と水をあわせたものに晒します。
使い終わった醤油水は、灰汁が出ているので、もったいないけど、捨てないとなんだね。







他のよもぎと、しゃくは、てんぷらにしました。

はこべは、塩茹でしたあと、のりで磯部和えに。
昆布の黒焼き(粉末)を入りのおだんごが入った、おすましも、生きる知恵が光ります。
昆布の黒焼きは、私も購入しましたが、胃腸の浄化にいいそうです。
放射能対策にも、天然のヨウ素剤として、日頃から少しずつ摂るとよいようですよ!
(毎日耳かき1~2杯ほど)

写真がないのが非常に残念なんですが…(撮るの忘れて食べてしまった。笑)
野草だけで随分豪華な食事ができました♪

改めて、今回のメニューはこんなかんじでした

よもぎ、からすのえんどう、しゃくのてんぷら
野草(確かはこべ)の胡麻味噌和え
からすのえんどうの胡麻和え
はこべのマカロニサラダ
はこべの磯辺和え
米ぬかと野草のふりかけ(これがびっくりするほど美味!!!まるでおかかのような味わい深さ!)
黒焼きだんごとはこべの澄まし汁

5分つきごはん(薪で火をおこし、はがまでご飯を炊きました)

おいしかった~。写真撮り忘れるくらい黙々と食べてしまいました(笑)

もともと福島でも、道端でふきのとうや、わらびをとって遊んでいたので、野草料理は抵抗なく、すんなりと受け入れられました♪

野草によっては、似ているけど毒をもったものもあるので、採集は十分に、注意しなくてはなりません。
いっぺんにあれもこれも採集して食べようとはせずに、まずは一、二種類くらい、野草の特徴や、その処理方法などを、しっかり覚えてから、次、またその次と、ひとつひとつ身につけていくのがいいようです。

時間はかかるかもしれませんが、一度覚えてしまえば、一生使える野草の知恵。
奥がとっても深い!これはもう、ライフワークとして、学んでいくものだなぁと感じました。

見渡せばこの島は野草の宝庫!是非覚えて、暮らしの中に取り入れたいと思います

スポンサーサイト

コメント

キットカットさん

私も今回はじめて本を手にしましたが、とても読みやすくて、実用的で、買って大正解でした♪
若杉さんは、本当にパワフル!70過ぎとは思えない「若すぎ」さんです!

>その中に,私が名前を知りたかった野草のホシノシズク(ハゼラン)の紹介がありとても嬉しかったです^^。

ホシノシズクって、とても素敵な名前ですね~~vvv

>(お隣の畑をしている年配の方も,田舎の親も知らなかったのです!?)食べれルンですね~あ”~ここ3年位は,プランターや地面にぱんぱんになる程繁殖力強くそのままで・・,とっても可愛い花を楽しんでいましたが・・あら~っ?・ない・・去年バシバシ抜いた記憶あり~至極~残念^^,またの,再会をねがっちゃおうぅ。

野草は生命力が強いので、きっとまた再会出来ますよ♪
医食同源、本当ですね!でも、美味しくなければ続きません^^
ストレスをためないように、我慢しすぎず、中庸が一番かと思います♪甘い物だって、こころの栄養♪たまにはオッケーオッケー!!(笑)からだと心のバランスをとりながら、生きることをおもいっきりエンジョイしないとです☆

2012/04/10 (Tue) 20:52 | Hiropan #- | URL | 編集

野草料理教室~素敵なイベントですね!!前に本を,購入したいと思っててそのままになっていましたぁ~^^。お陰様で,手に致しましたよ^^。生き生きとした若杉さんの写真などなどいいですね。その中に,私が名前を知りたかった野草のホシノシズク(ハゼラン)の紹介がありとても嬉しかったです^^。(お隣の畑をしている年配の方も,田舎の親も知らなかったのです!?)食べれルンですね~あ”~ここ3年位は,プランターや地面にぱんぱんになる程繁殖力強くそのままで・・,とっても可愛い花を楽しんでいましたが・・あら~っ?・ない・・去年バシバシ抜いた記憶あり~至極~残念^^,またの,再会をねがっちゃおうぅ。
医食同源の大切さを改めて感じました。(でも,甘いものやめられなあ~ぃ^^,)
ひろぱんちゃん,素敵な記事をありがとうございましたぁ~。

2012/04/09 (Mon) 13:36 | キットカット #- | URL | 編集
milkyさん

おお!持ってらっしゃったんですね♪
今年はふきのとう食べてないんです~~。この島はもう終わりかな。東広島の方までいけばまだあるかな。
福島のほうでは、ふき味噌にして食べていました♪
つくしのてんぷら、今度やってみます!
つくしの炒めものも、簡単なので、ぜひ試してみてくださいね♪

2012/04/05 (Thu) 12:09 | Hiropan #- | URL | 編集

若杉おばあちゃんの本、私も持ってます!お気に入りの本です♪
この春は夫の実家でふきのとうを、私の実家でつくしの天ぷらを頂きました。炒め物もおいしそうですね!今度試してみます(^▽^)

2012/04/04 (Wed) 15:57 | milky #- | URL | 編集

morooさん
野草は、苦味の強いものもありますが、醤油洗いなど、正しい処理をすれば、おいしく食べられますよ♪
春は苦い野草が多いですが、この苦味が、冬に体に溜まった毒素の排出を助けてくれるようです。
自然のリズムに合わせた食事、ライフスタイルを実践しているだけで、自ずと体は調整されるようにできているんですね。本当に無駄なものがないんだなぁと、あらためて感じました。

若杉さんの本にも、処理方法が載っていますので、参考されるといいと思いますよ(^^)
おいしい野草料理ができましたら教えてくださいね~♪
ちなみに、私はつくしの炒め物にはまっています。カルシウムも豊富で、思ったよりくせもなくおいしいですよ♪ごま油が合います☆

2012/04/03 (Tue) 17:07 | Hiropan #- | URL | 編集

良いイベントですね~。
実は若杉さんの本ちょっと気になってたんです。後で注文してみます。

野草ってちょっと苦そうなイメージがあるんですけど、実際どうでした?

2012/04/03 (Tue) 01:11 | moroo #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。