スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ケシュ財団より福島へ捧げる放射能汚染除去技術」 Youtube動画日本語字幕







転載元

「ケシュ財団提供 放射能汚染除去に際しての注意事項」

除染を実際に行う前に、安全上の注意をよく読み、必ず厳守して下さい。

(1) ナノ物質生成をはじめる前に、必ず防護服を身につけて下さい(皮膚の露出を避けて下さい)。ナノ物質は皮膚に浸透します。必ず手袋を着用して下さい。

(2)容器からの適切な距離を保ち、沸騰したお湯などを容器に注ぐ際は、やけどや飛び散る液体に十分注意して下さい。

(3)農家や個人の方がひとりで除染活動を行うより、団体で協力して行うことを薦めます。可能であれば東電の立ち会いの元、除染した後の物質を運ぶ際に協力を要請して下さい。

(4) 実際の除染活動には、必ず生地の厚い衣服を身につけ、ブーツ(長靴)、手袋、マスクを着用し行って下さい。

(5) ビデオで公開している除染に必要なコンディション(環境条件)は、物質の除去のためであり、除染後に関してはまた別途、最適な環境条件を作り出す必要があります。それに関してはまだ本ビデオでは言及していないことをご了承下さい。

(6)除染後の物質はすみやかに東電もしくは政府によって管理される必要があります。

(7)農家の方々は、この除染活動を行い、放射能測定器で、汚染除去が完了したことを確認するまで、食糧の生産を見合わせて下さい。

(8) 農機の利用が可能です。ナノ物質の散布に利用した農機は、同じく汚染物質を吸収した物質の回収に利用できます。 トラクターなどナノ物質の散布と回収に利用して下さい。

(9)除染に利用した衣服や道具はドラム缶などに入れて水で洗浄した後(手洗いはしないで下さい、木の棒などを利用して下さい)に、新たに生成したナノ物質を入れて容器にふたをして数時間置いて下さい。放射性物質はナノ物質に吸収されますので、数時間後に取り出して下さい。
洗浄に利用した木の棒は、必ず毎回取り替えて下さい。この木の棒などの洗浄に利用した道具も、ナノ物質と一緒に置き、洗濯に利用した水にもナノ物質を入れて数時間置いて下さい。

(10) 洗浄に利用した水は、除染されています。しかし、洗浄に利用したナノ物質は取り除き、容器にいれ東電に渡す必要があります。

(11) 東電からの回収を待つ間、除染で集められた物質は、一時的に埋めて保管する必要があります。居住地から十分に離れた場所に穴を堀り鉄の容器またはドラム管 に入れ、石・金属・木などの厚いふたをした上で埋めて下さい。
一度埋めた容器は、東電によって回収されるまで掘り返したりしないで下さい。

除染作業の技術的な支援を出来るよう、現在体制を検討しております。技術サポートが必要な団体、除染作業のご質問は、keshejapan@gmail.comまでお問い合わせ下さい。




これは希望です!

土壌や水の放射能を除去することができれば、福島は本当の意味で復興、復活を遂げることができます。

信じられますか?!!これは素晴らしいことです!

ケッシュ財団ではこれまで、幾度も東電や日本政府への働きかけを行ってきたそうですが、受け入れられない古い体制と思考に彼らは凝り固まっているようです。(今に始まったことではないけど。)

こういった情報が一人でも多くの方の目に止まり、拡散されることを望みます。
民間人の意識が変われば、必ず政府や企業の意識も変わらざるを得なくなるからです。


実際の実験とその結果を、ぜひこの目で見て確かめてみたいものです!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。