スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっけんdeシャンプー&リン酢のススメ

近頃、髪を洗う時、シャンプー&リンスをやめて、無添加せっけんとお酢で髪を洗っています。
始めてみたら、これがなかなか良い感じ!!お酢の中には、ローズマリーの枝も漬け込んであります。

P7152193.jpg

ローズマリーには発毛効果もあるんだとか。
洗面器にお湯と、おチョコ一杯分くらいのお酢を入れ、石鹸で髪を洗ってよくすすいだ後に、洗面器の中で軽くもみ洗い。
最後はエッセンシャルオイルを垂らしたお湯で流しています。

髪に艶とコシが出て、サラサラに!
お酢臭ささとかが心配だったんですが、それも乾くと気になりません。
エッセンシャルオイルの香りでリラックス効果も期待です。
その日の気分で仕上げのエッセンシャルオイルを変えても良いかもですね!



以下、合成シャンプーやリンスの害についての記事もご紹介。
ちまたには、いろーーーーんな種類のシャンプー、リンスが出てますけど…。

あなたの頭皮は大丈夫…??


禿げる!皮膚が荒れる!合成シャンプーの問題と危険性!健康に良い無添加石鹸シャンプーについて

転載元より抜粋:真実を探すブログ


今回は市販の合成シャンプーの危険性についてご紹介します。
市販のシャンプーやリンスは、大半が合成界面活性剤が入っている、 いわゆる「合成シャンプー」や「合成リンス」と呼ばれているものです。
市販シャンプーの成分表を見るとわかりますが、保存剤である「エデト酸塩」、殺菌・防カビ剤の「パラベン」、酸化防止剤「ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)」などが書いてあります。

これら「エデト酸塩」「パラベン」などの物質は、厚生省が「アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れがある」として表示を義務付けたもので、実は厚労省も「あまり健康には良くないらしい」ということを知っているのです。


実際、このような合成シャンプーを長い間使用していると、抜け毛が激しくなったり、皮膚が炎症などを引き起こすことが多数報告されています。
以下、合成シャンプーの問題を指摘している情報です。


☆抜け毛を呼び毒性を残留させる「合成シャンプー」
URL http://www.mynewsjapan.com/reports/15
引用:
■走査電子顕微鏡による観察
日本人の健康な髪の太さは100ミクロン前後で、成長期と休止期がある髪は毎日60から70本程度抜けている。抜け毛のなかに根元のふくらみがまったくない10cm未満の短毛が3分の1以上あれば、脱毛の恐れありとされる。

 頭皮が合成界面活性剤の影響を受け続けるとどうなるか。



 合成シャンプー使用者のキューティクル(髪の表面を覆っているうろこ状の角質)はボロボロに壊れ、髪そのものを傷めている。また、洗髪の多さも髪のトラブルの原因ともなっている。
 髪も頭皮も角質(たんぱく質)の壁で覆われている。



合成シャンプーには合成界面活性剤としてラウリル硫酸ナトリウム(アルキル硫酸塩、陰イオン系合成界面活性剤、AS)が主に使われているが、これは炭素数が12個あるアルコールである。ASは、たんぱく質を測定する試薬に使われている化学物質でタンパク変性が強い。


つまり、髪と頭皮に結合してしまい、皮脂を必要以上に剥ぎ取るので、頭皮の角質層はスカスカになる。その下の顆粒層に異物を入りやすくして残留毒性が簡単に浸透する結果、頭皮や毛根の脂分を取り去って毛根をもろくするといわれている。最近ではASにかわってAE(非イオン系合成界面活性剤)の合成シャンプーも増えてきているようだが、「ASよりAEのほうが毒性が強い」と坂下さんは言う。 

合成界面活性剤の特徴は、皮膚から浸入し、皮脂や各層の脂質を流失させるだけでなく、皮脂や髪のたんぱく質そのものを溶かす。そして分解しづらく皮内に残留する。
:引用終了


☆合成シャンプーの危険性
URL http://www.ke2323.net/headsupport/shampoo.html引用:
●合成シャンプーによる障害
1.頭皮・・・合成界面活性剤の持つ浸透力は強力で、しかも本来皮膚から入り込まない物質(アレルギー,接触刺激,皮膚毒性,発ガン性のおそれのあるものなど)でも入り込みやすくしているといわれています。皮膚障害はもちろんのこと、皮膚を通して内蔵(特に肝臓)にまで障害を引き起こす可能性は十分にあります。 

ラットを使った塗布実験では、合成シャンプー原液を塗布した場合、5~6日目頃から強い皮膚障害を起こし、15日には皮膚がはげ落ちてしまう結果が出ています。
頭のかゆみ,フケ,抜け毛,カサブタ等はストレスが原因だと自分を納得させてしまう人が多いのですが、実は合成シャンプーによって頭皮が悲鳴をあげている表れなのです。

2.毛髪・・・合成シャンプーを使いつづけると毛髪にどのような影響が出るのでしょうか?右の写真と下の写真を見れば一目瞭然です。毛髪表面のキューティクルがボロボロになり、ひどい場合は、キューティクルが消失しています(写真D)。それと比較して石けんシャンプーを使っている人の毛髪は、キューティクルがきれいに並んでいます。

 キューティクルがなくなってしまった髪の毛は、艶がなく、茶色っぽくなり、細くなります。毛が細いので風が通りやすいため、一見サラサラとなびいてコマーシャルの髪のようですが、腰が弱く、徐々に抜け毛がひどくなって、養毛剤やかつらに頼らなければならなくなるでしょう。

o0250020312154244011.jpg


A:石けんシャンプー使用
美しいキューティクルが保たれている

B:合成シャンプー使用
毛髪表面のキューティクルがボロボロになり脱落している
:引用終了


このように、合成シャンプーは多くの危険性が指摘されているのです。この合成シャンプーによる数多くの問題を避けるためにオススメなのが、「無添加石鹸シャンプー」です。

以下は前にもご紹介したことがある、マウスの実験画像ですが、市販のシャンプーでは赤く剥げてしまったマウスが、石鹸シャンプーでは毛がふさふさで健康体のままでした。


☆合成シャンプーの危険性
URL http://www.coara.or.jp/~wadasho/gouseisyanpu.html
引用:


o0677023712152451924.jpg


写真は体毛を剃り、合成洗剤(シャンプー)を塗ったもの。
出血、凝固は5~7日目にもっともひどく現れる(左)
10日目になると皮膚が浮きはじめる(中央)
15日目になると皮膚がごっそりとはげ、真皮ごと取れて二度と毛は新生されない(右)

石けんシャンプー
o0353026212154233894.jpg



写真は体毛を剃り、石けんシャンプーを塗ったもの。
石けんシャンプーは全く皮膚障害を起こさなかった。毛が再生してきている。
:引用終了



薄毛が気になっていた時、石鹸シャンプーに変えたところ、毛が生えだしたという方がいらっしゃいました!
頭皮トラブルが気になる方はシャンプーリンスを無添加、ナチュラルなものに変えてみられることをオススメします。

シャボン玉 無添加せっけんシャンプーシャボン玉 無添加せっけんシャンプー
(2011/08/09)
シャボン玉石けん

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。