スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エネルギーで未来を作る町 ~北海道・下川町の挑戦~」

大変嬉しい動画を発見しました♪
移住先を検討しながら、ボラバイトで北海道に一ヶ月程滞在していたことがあります。

その時に、知人の紹介で、北海道下川町のNPO法人 森の生活の方をご紹介いただき、町を案内していただきながら、2日程滞在してたことがあります。

沁みいるような寒さから、身を寄せ合うように、こじんまりとした、小さな町。

私が訪れたのは、寒さ厳しい真冬のある日のことでしたが、この寒くて、静かで

時代の「スピード」や「繁栄」から“見捨てられた”ようにすら思える小さな町の

いったいどこから、こんな“熱意”や、“暖かみ”が湧き上がってくるのだろうと、不思議に思ったものでした。

だけれど、この町で出会った人達は、みんなとてもフレンドリーで、明るくて、芯があるのに、しなやかな強さみたいなものを持っていて。
たった二日間の滞在だったのにもかかわらず、すっかりその「下川町」に心惹かれずにはおれませんでした。

事実、この島に来ることを決断する時、北海道の下川町に移住するか、この大崎上島に移住するか…

本当に、本当に、本気で悩んでいました。

流れに身を任せてみた結果、私は現在ここにいますが、「福島から、移住しよう。」という思いを、より一層強く、確かなものにしてくれたのは、下川町の森と、そこに住む人たちの影響が大きかったように思います。

そんな尊敬すべき、下川町の取り組みが、動画でアップされていましたので、ご紹介したいと思います。

日本の誇るべき財産は、この豊かな森です。

日本が進むべき道の方向性を、下川町は、一歩も二歩も前を行き、確かに、指し示してくれている。

そんな風に思いました。



エネルギーで未来をつくる町 北海道下川町 投稿者 tvpickup

エネルギーで未来を作る町~下川町の挑戦


北海道の北部に位置する山間の町、下川町。人口わずか3600人の過疎の町だ。一時は鉱山で賑わいをみせたが、閉山後、人口は激減。JRも廃止され、一時、財政再建団体にも陥った。その下川町に今、Iターン組のみならず、就職を希望する若者たちが全国から集まっている。過疎の町が、今、自然エネルギーの導入で活気を取り戻してきた。下川町の面積の9割は森林。林業と言えば、国内では“衰退産業”だが、町は、合併の道も断って、森林組合とともに林業をゼロから基幹産業として育てた。輸入材に押され、木材だけの販売だけでは採算が取れないため、付加価値を付けた。高級フローリングや木炭、防虫剤にアロマオイル、木くずはバイオマス燃料に変えた。木を余すことなく使い、利益を生み出していった。今や収入も年間9億円。町の予算の2割に上る。下川町が目指すのは、バイオマスでエネルギーを自給し、将来的には自然エネルギーの基地として自立することだという。元経済産業省官僚の古賀茂明氏が注目する日本のモデル。

報道ステーション





下川町に行った時の写真をこれみよがしに載せておきます(笑)

コピー ~ PC059176

コピー ~ PC059168

コピー ~ PC059177

コピー ~ PC059200

コピー ~ PC059197

PC059207.jpg

PC059206.jpg

PC059209.jpg

本当に素敵な町なので、北海道旅行を考えていらっしゃる方は、ぜひ下川町へ行ってらしてください!!
下川うどんが美味しいです!!
冬の夕暮れ近い下川町の森をスノーシュー履いて散策するのも超超超オススメです!!!

宿泊は、森の中のヨックルへ♪

(うれしくてつい宣伝になってしまいました。笑)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。