スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球家族 世界の家族の暮らし

現在、22日の引越しに向け、のらりくらりと準備中。

実家から、単身移住なので、引越しは、クロネコの単身引越しパックを予約しました。

現在一人暮らしされてる方、荷物があまりない方は、これがおすすめ。

福島―広島はかなり距離があるので、引越し料金も高くつきます(×ロ×)

でもこれだったら、2M³BOXに入る分で、だいたい4万円くらい。

普通に引っ越したら10万ぐらいかかってしまうみたいです。

もっとたくさん入って、安い方法があるかもしれませんが、「必要以上もたない」
ということを実践していきたい私としては、ここに「入る分だけ」という制限があることは、
かえって好都合だったりします。

ポジティブシンキング?(笑)

…でも、ついつい、あれもこれもと、持って行きたくなるんですよね。


いつの間にか物は増えてしまいますが、そういった物への執着を
なるべく減らして(愛着とはちがいます)身軽な生きかたを実践したいところです♪



ちなみに、世界で人家族あたり一番持ち物の多い国は、ダントツ日本だそうです。
以前こういう写真集を見たことがあります。



地球家族―世界30か国のふつうの暮らし地球家族―世界30か国のふつうの暮らし
(1994/11/10)
マテリアルワールドプロジェクト、ピーター・メンツェル 他

商品詳細を見る



世界の家族を回って、持ち物を全部並べて、一緒に撮影した写真ばかりを集めた写真集。


アフリカの家族のまわりには、
壷(?)がたくさん並んでますが、これが、この家族が持っている全ての持ち物です。

4-Mali_m.jpg




インドの家族

9-India_m.jpg




ブータン

2-bhutan_m.jpg



日本の家族

物が壁のように押し迫り、物に埋もれて、その隙間で窮屈そうに食事する姿がありました。
・・・断捨離ブームも納得です。

1-Tokyo.jpg

私の実家も人事ではありません。(汗)
かつては埼玉でフレンチレストランをやっていた父。
とにかく食器やら良くわからない、専門道具がたくさんあります。
現在は使っていないもので溢れていて、一切出番なし。ちっとも片付かない。
「捨てたら?」といっても、「いつか使う」「もったいない」「そのままでいいんだ!」
・・・・。
何気にこの執着も、移住を難しくする一つの要因です。
物を大切にするのはいいことだけど、使わなければ、物は生きません。
物を愛するなら、そのものが喜ぶ在り方を、常に選択していきたいものです。



アイスランドの家族
物はけっこうあるのに、サッパリ、スッキリとして見えます。

13-Iceland_m.jpg

「本当の豊かさとはなんだろう?」と考えさせられる写真集です。


写真転載元:家族全員と所有物一式を自宅の前に集めた世界中の写真
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし


> なおきちさん
すぐに、なおきちさんだとわかりましたよv
ウッドチップ事件もありましたね(笑)

2012/03/08 (Thu) 06:21 | Hiropan #- | URL | 編集

スイマセン…
「考えさせられますね」は、タイトルのつもりでした(汗)
栃木県→滋賀県でおわかりかもしれませんが…
名前の欄にタイトルを打ち込んだようです。
(´∀`;)
最近打ち間違いが非常に多いです…

なおきち

2012/03/07 (Wed) 23:26 | なおきち #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>うちは栃木県から滋賀県まで2tアルミトラックをレンタルして2往復しました。

おお!その手もありましたね!ご自身で長距離トラックを運転できる方はそれもいいかも!
でも、2往復は流石に大変そうですね。。

私も制限があるからまだ、いいんです。なければ、やっぱり「あれもこれも」となってしまいます(汗)
もう既にはみ出さないか心配ですe-263
それに、使わないものは実家においてあるだけなので、これは断舎利とはいえないような・・・。
使わなくなったものの行き場をうまくサイクルできる場が身近にあるといいですよね♪

私もどうしても減らせないのが、「道具」です。
「欲しい」ではなく「必要」はやはり減らせません。
特に画材、キッチンウェアなんかが、自分の場合は、嵩んでしまいます。
滅多に使わないものもないこともないけど…好きでつい増えてしまうんですよね。。うぬぅ。

うーん。どうにかできないかな。
地域ごとにシェアできる仕組みがあればいいのにと思います。

>温厚で穏やか国民性ですが、実は日本という国は業が深いのかもしれませんね。
占有するのではなく、分かち合わなくてはいけない。
それに物を沢山持つというのは、沢山の命を預かっているということ。
石にもいのちがあると考えるようになってから、責任の大きさを痛感です。


本当にそうですよね。でも昔は、針一本にすら、感謝して役目を終えれば供養していたんですよね。
こんなに物を持ち始めたのは、戦後ではないかと思います。
改めて、考え直さなければならない課題ですね。

2012/03/07 (Wed) 18:15 | Hiropan #- | URL | 編集

うちは栃木県から滋賀県まで2tアルミトラックをレンタルして2往復しました。
計4トン満タンの荷物!!
備蓄の食糧やら水やらあったのですが、ちゃんと考えなくては(汗)
減るどころか、畑を始めて道具が沢山増えてしまいました。

温厚で穏やか国民性ですが、実は日本という国は業が深いのかもしれませんね。
占有するのではなく、分かち合わなくてはいけない。
それに物を沢山持つというのは、沢山の命を預かっているということ。
石にもいのちがあると考えるようになってから、責任の大きさを痛感です。

写真集観たことあります。
これ面白いですよね。
日本の写真をみて、ああ自分だと反省です(笑)

2012/03/07 (Wed) 12:56 | 考えさせられますね。 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。