広瀬隆「第二のフクシマ・日本滅亡」




広瀬さん全身全霊を込めた演説!


今回の選挙は大変大きな意味を持っていると思います。
山本太郎さんも言ってましたけど、今私たちはは本当に大きな分岐点に立っていて、これを逃したらもう後はないのかもしれません。

「原発ヒステリー」とかなんとか、いろんなこと言う人がいるけど、きっとその人たちは、原発事故のことを、当事者としてではなくて、ものすごく遠くから見てる、他人事でしかないんだと思う。
福島が今どんな状況にあるのか、そしてこれからいったいどんなことが起ころうとしているのか、頭でしか物事を捉えていないのではないでしょうか。
そんな人は実際に福島に足を運んだらいい。福島に住んでみたらいい。

そこにどんな「悲しみ」があるのか。どんな「不安」があるのか、実際に体験してくればいい。

テレビやパソコン画面越しでは絶対に伝わらないものがある絶対にあるんです。
計算するのはパソコンにだってできるけど、人間はそんなに単純じゃない。
この世界に、社会に住んでるのは、機械じゃない。

原発を止めようとしない、できない理由はいつも機械的で冷たい言葉。
あらゆる数字や、利権を計りにかけて、算出された、冷たい言葉。

そんな言葉を話す人の目は、いつもどこか虚ろで、もの悲しい。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する