2014年大晦日

_C164470.jpg


大晦日です。

島は午前中はいいお天気でしたが、だんだん風が出てきました。雨も降ってきた。
元日もお天気が崩れるみたいですね。この分だと、神峰山からの初日の出は、見られないかな。

昨年は母の入院もあって、福島の実家に帰りましたが、今年は母も元気になったことだし(^^)
福島には帰らず、一人静かな大晦日。

年明けには、はるばる遠方から友人達が泊まりに来るので、一気に賑やかになりそうです。
今から何をつくろうか、メニューを考えて、材料を揃えて。
はじめて黒豆も煮てみました!まだできてないけど、結構順調。おいしく煮えそうです^^
料理は楽しい!遠くから来る友人たちに、何を食べてもらおうかな?ってあれこれ考えて、台所に立つのが好きです。
幸せな性格(^^ゞ

午前中の晴れてるうちに、ガス台まわりをそうじして、床も磨いて。
中掃除もはかどりました♪(大掃除というほどは掃除してないから。(^^;)

「年末、お正月は一人で「寂しくないの??」と人に言われるのですけど、あまり寂しいとかいう感じもせず。
掃除して、洗濯して、料理して、ちょこっと仕事もしつつ、いたって平常運転です(^O^)テレビがないせいか、あまり年の瀬の雰囲気にも影響されず。
そもそも、普段から割とお正月休みのような感覚なので(笑)より、普通でいられるのかもしれません。

平和だな~(笑)

今年もいろんなことがありました!!
お仕事として文章を書かせていただいたり、パネルディスカッションに参加させてもらったり、また、集落支援事業で地域の調査や聞き取りをして、ローカル新聞を発行させてもらったり。
11月にはデザインプロジェクトも始まって、なんとなく、自分の得意とする方向性や、できそうなことが見えてきた感じがします。

こんな私が、ピースとしてぴったりはまるところはどこなのだろう??

2015年にはみつかるとよいな!

今年も、よく生きられましたヽ(*´∀`)ノ生き抜いたというか。(笑)
大満足の1年でした。

普通に就職していたら、生活は安定するかもしれないけど、おそらく、自分は満足できないのだと思います。

多少(大分?笑)不安定だけど、なんかこういう、半分旅人みたいな、冒険みたいな暮らしが、案外と自分に合っているのかもしれません。
生きてるって感じがする(笑)

畑の中にただ座って、じっとして、きゃべつの葉っぱの上で、お日様の光を浴びて、まどろんでるてんとう虫や、デコボコした地面の上をものともせず、たくましく進んでいく、名前も知らない甲虫の姿を見ていると、まるで自分のようだとも思えてくる。

「神様から見たら、自分はこんな風に見えているのかもしれない。」

私自身の中にある 大きくて力強い生命力。

私は、こんな自分が頼もしいと思う。
私は、「こんな自分」で、よかったと思う。
そう思えることが、私にとって、これまでひとつひとつ経験し、乗り越えて、成長してきた証なんだと思います。

このブログも気づけば早4年目に入ります。
来年は、社会のいろいろな動きも考慮しつつ、また何か新しい試みができたらいいかなと思います。
イラストや作品ももうちょっと頑張りたい。未完成な絵本完成させたい。。。

考えることは好き。でも実行に移すのにちょっと時間がかかる(笑)

こんなのんきな私でも、「新しいこと」「新しい1年」はやってくる!

2015年はいったい何が始まるだろう?!どんなことが起こるのだろう?!

どんと来いなのであります。(`・ω・´)

皆様もどうか、よいお年をー!

_C164472.jpg




スポンサーサイト

クリスマス忘年会

昨晩は友人達とクリスマス忘年会でした~。

あまりクリスマスっぽくない、鍋というチョイス。
だって、食べたかったんだも~んヽ(´▽`)/
_C254481.jpg

一人鍋も流行ってる(?)けど、やっぱりみなで、わいわいあったかい鍋を囲んで食べるのがうれしい。
「今年も1年、いい年だったね~。」
「あっという間だったね~。」
「楽しかったね~。」
「また来年も、たのしみだね~。」
(・∀・)人(・∀・)人(・∀・)人(・∀・)人(・∀・)人(・∀・)♪

私も来月で最初に島に来てから3年になります。
はや~~い!
島に初上陸した当初23歳(島にいるとき24歳の誕所生日を迎えました!)だった私も来月27になりますだよ。
ヒィ!!なんか、三十路がチラついてきた!!!(;゚Д゚)!

そんなこと言ってると、親しい友人はみんな30代以上なので、怒らそう。m(._.)m

昨晩は話してて、「ほんとにまだ20代??(;¬_¬)」と、怪しまれる私。
「早く年齢が中身に追いつくといいね♥」という生暖かいお言葉を頂戴いたしました。(´・ω・`)
どーゆうこっちゃね。(;´∀`)

まぁ・・・こんな私を自然と受け入れてくれる、できた友人達に感謝です(*´v`*)ありがと

そんな年上の友人達を見ていると、歳を重ねていくのも悪くないと思えます!!
いくつになっても自由に自分らしく♪芯をしっかりもちつつ、やわらかく!
私もそんな友人達に負けず(8種的コメント笑)素敵に歳を重ねていくぞ~~♪


友達の差し入れ チーズフォンデュ♥
_C254483 - コピー


朝から張り切って作ってみたティラミス!
_C254487.jpg

後半からちょっとクリスマスっぽさが追い上げてきました。 (そもそもクリスマスっぽさって・・・・)

クリスチャンというわけでもなく、ただ「クリスマス」という「商業的な」言葉に反応してしまう単純日本人な私たち。
(きっと多くの日本人がそうでしょう。)

イエスキリストの誕生を祝う信仰心があるわけでもなく・・・。

それでも、こんなふうに、縁あって知り合った友人達の嬉しそうな顔を見ながら過ごす「クリスマス」という日は、やっぱりどこか、いつもより平和的で、暖かく、じんわりとした幸せを感じるのでした。





キーウィの収穫

先日、キーウィの収穫をしました。

今年は雨が多かったせいか。

ひとつの枝がこんなにも

たわわわわわわわわわわわわわ(゚O゚)
_C034410.jpg

バスケットがすぐにいっぱいになりました。
_C034411.jpg

とってすぐは、固くて、酸っぱいので、1、2週間ほど、りんごと一緒にビニール袋に入れて密閉し、追熟させます。

そうすると、甘く、やわらかくなる。

りんごに含まれる、なんとかっていう物質、レシチン?レーニン?あれ?(覚えてない)、が、キーウィを甘くしてくれます。

・・・人間も、違うタイプの人と一緒にいると、いろいろ勉強になるし、成長して成熟して、寛容さや、優しさ、やわらかさみたいなのが備わってくるものなのかも?!φ(。_。*)

・・・いや、人による。多分、絶対、人による。

問題は、どんな相手といるかだ!

環境が人をつくるのだ!(何を言い出すの。)


そういえば、ニュージーランドでは、子育てや家事に協力的な男性を「キーウィハズバンド」と呼ぶらしい。
これは、果物のキーウィじゃなく、NZの国鳥、キーウィから来てるのだけど。
鳥のキーウィは、メスが卵を産んで、オスが温めてひなを育てるのだとか。

tn_kiwi2.jpg
写真出典

理想は、キーウィハズバンドとアップルワイフ?(´∀`)

「・・・僕のりんごになってください。」

っていう高度な(?)告白文を思いついたので、もしよかったら、使ってくださいwww


なんでこんな話に。
恐らく寒さのせいね!( `ω´ )



今週は島も雪が降るとか、降らないとか・・・。
皆様も暖かくして、お過ごし下さい。

( ´o` )う~~。さぶいよ~~~。






冬の晴れ間の白菜漬け

_C064424.jpg



一昨日、昨日は久しぶりに暖かいお天気!
お日様が戻ってきてくれました!
冬の晴れ間は、特別嬉しい気がします!
ここ数日とても寒かったから、余計に!

窓を大きくあけて、おもいっきり掃除して、空気の入れ替えをしました!
そうじすると、空気のよどみみたいなのが、なくなって、スッキリとするので、気持ちがいい!
この気持ちよさのために、掃除しているようなもの!

洗濯物もよく乾く♪
布団も干して、さっぱり気分。

今日は一転、また雨模様で寒さが少し戻ってきました。

貴重な冬の晴れ間。
昨日はそんな晴れ間をつかまえて、そうじ、洗濯に加え、白菜漬けをつくりました。
白菜漬けは、私にとって冬に欠かせない、保存食。
売っているものは、アミノ酸やいろいろ入っていますが、家で漬ければ、塩と柚と、唐辛子だけ。
超シンプルで、おいしい漬物ができあがります。

時間をおいて、乳酸菌の膜がはるぐらい、すっぱく古漬けになったのが好み!!
これはつくらないと食べられないんだな。
それを刻んで、ごま油と、醤油で香ばしく炒めると、最高のご飯の友。
お茶漬けや、おにぎりにしてもおいしいです!!

炊きたてごはんにのっけて、のりで巻いて食べるのが・・・・!!!!!
。゚+.ヽ(●´▽`●)ノ゚+.゚

あぁ。。。ヨダレが。。。

私にとっては、食べ慣れた、祖母の味、そして、母の味。
これは大切に、大切に、受け継がなければと思います。

材料は
1、白菜(大)二かぶ
2、塩 200~250g(白菜の重みの2.5~3パーセント)
3、柚子 2個
4、とうがらし 4、5本


1、まずは白菜は、ばらばらにならないように、芯をつけたまま、根元から切り込みを入れ、4~6つに割る。
(軽く洗って、泥などは落とします。)
2、晴天の日に、半日ほど干します。
こうすると甘味が増すらしい。
_C094448.jpg

3、白菜を水洗いして、ざっと水気を切る。(って本にはかいてあるけど、私はそのままつけてしまいました。)

4、切り口を上にして、容器のそこにきっちりと並べ、塩、刻んだ鷹の爪、柚子を均等にばら撒いていきます。

去年までは、プラスチックの容器を使ってましたが、今年は、なんと祖母が、大きな琺瑯の容器をプレゼントしてくれました!!!

ばぁちゃんっっ!!!!わかってらっしゃるっっ!!!(笑)
ありがとう!!大好き!!!!ヽ(*´∀`)ノ
_C104453.jpg


昨年までは、この琺瑯容器に手が出なくて、渋々、プラスチック製の容器を使ってましたが、
プラスチック製の容器は、環境ホルモンのことがあるので、なるべく使いたくないと思っています。

ペットボトルや実験器具から「環境ホルモン」

http://homepage3.nifty.com/niigatachikyumura/html/kanhoru.html

海外では食品の入れ物として使用禁止になっているプラスチックも。
ポリカーボネートとB.P.A(ビスフェノールA)(ポリカーボネートにBPAが含まれていることが問題)
(プラスチック加工した金属缶、飲料容器、哺乳瓶、耐熱容器、食器類に使われてる)
BPAは、生殖機能に影響し、前立腺癌、乳腺癌、思春期の低年齢化、生殖器官の以上にも影響すると見られているそうです。糖尿病、学習障害、ADHDにも関連があると言われ、成人のうつ病や、気分障害も誘因すると、資料には書かれていました。

日本ではまだまだプラスチック容器に関する危険性については、あまり広く知られてないかもしれません。
このことについて書かれた、わかりやすいネットのページも少ないみたいでしたので、もうちょっと探してみないとと思います。


基本的に、私は家では、プラスチック製のタッパーは使わず、琺瑯や、ガラス製の保存容器を使用しています。
破損しない限り、プラスチック製のタッパーより長く使えるところも、気に入ってます。

今回おばあちゃんにもらった、この野田琺瑯のおおきな容器(鍋?)も、できるだけ長く大切に、大切に、使用していきたいなと思います♪



さて、白菜漬けに戻ります。
とうがらしと柚。塩は瀬戸内海の塩と姫ひじきの塩をブレンドしてみました。始めて。おいしく漬かるといいな!
_C104455.jpg

一段敷いたら、塩と、とうがらしと、ゆずをばら撒いて、また一段と、ミルフィーユ状におの作業を繰り返していきます。
_C104457.jpg

あとは重しをのせて。
数日経つと水が上がってきます。
人によっては、最初は塩だけでつけて、このあと、水が上がったら、昆布やゆず、とうがらしを加えて漬け直すようです。

我が家では、おばあちゃんも、お母さんも、そのまま1度漬けだったので、わたしもこの方法です。
塩がしっかりきいていれば、(いつも上に書いてあるレシピよりは感覚的に多めの塩を使います。結局塩梅と目分量。)かびることもありません。
何より、楽ちんです(・ω・)

浅漬けが好みの人は、水がしっかり上がってきたら食べられます。
軽く洗って、しょっぱすぎるようなら、(多分しょっぱいと思います)ボウルに水を張って、その中に浸し、好みのしょっぱさに塩抜きして食べてください。