瀬戸の紅葉


私は東北の山育ち。秋は特別な気持ちになる季節でもあります。

東北の秋はとても寒い。
まるで着物の裾をぱっと広げたように、お山が錦に染まるのはほんの一瞬。それから眠りにつくように、葉を落とし、気温が下がっていくにつれ、あたりの気配が日に日に静かになっていく。

そういう自然の呼吸みたいなのを感じるのがとても好きでした。

瀬戸の秋は少し違う。いつまでもぬくぬくと暖かくて、濃いおひさまの匂いがする!
東北の紅葉とはまた違った色と気配だけれど、瀬戸の紅葉だって、きれいだなって思います。

大崎上島の紅葉も、ピークを過ぎました。

葉っぱがはらはら落ち出して、山も冬支度を整えます。

東北とは違い、お山は眠らず、目を開けたまま!

_B274386.jpg

_B274375.jpg


_B274392.jpg


_B274381.jpg

スポンサーサイト

HAPPYシマす。OK Island プロジェクト

今週末、島でこんなイベントが開催されます。

d4947-194-245293-3.jpg

http://happy-ok-island.jp/

引用元より抜粋



HAPPYシマす。OK Island プロジェクト


(ひろしま発人材集積促進プロジェクト(デザイン分野))

ひろしま発人材集積促進プロジェクトとは

広島県では,イノベーションの原動力となる多様な人材の集積を図る観点から,人を惹きつける力のある優れた人材を指導者(キーパーソン)として,県内外の人材が参加し,自らのアイデアを実現できるプロジェクトを実施しています。
さらに,プロジェクトに参加された方々が,県内に定着,活躍できるよう,支援するなど,多様な人材の集積を促進しています。

「ひろしま発人材集積促進プロジェクト」の一つとして瀬戸内の離島“大崎上島”を舞台に『HAPPYシマす。OK Island』をテーマに、地域に根差したデザインの提案・実現に取り組みます。このプロジェクトを通じて、様々な分野のデザイナーやクリエイターの方々の広島県内での活動や定住を促進し、多様な人材が集積することを目指します。このプロジェクトに参加して、建築家の鈴木エドワード氏と共に大崎上島町の魅力を最大限プロデュースすることを通じて、自らの実績づくりやスキルアップを図りませんか。

【「HAPPYシマす。OK ISLANDプロジェクト」の特徴】

○キーパーソンとの協働による取組
様々な設計実績・受賞歴を持つ鈴木エドワード氏を指導者(キーパーソン)として迎え,参加者と鈴木氏が協働して取り組みます!
○地域(大崎上島町)に密着したフィールドワークによる取組
自然,食材,産業など大崎上島にある多様な素材について「デザイン」の観点から掘り起し,魅力の向上を図ります!
○様々なクリエイターとの交流や広島でのデザイン活動に向けたネットワークづくり
広島県内のデザイン界と連携した取組もカリキュラム中に行う予定です!

【テーマ】

「講師(指導者)」のページにオリジナルを掲載しています。
『HAPPYシマす。OK Island』
~鈴木エドワードと共に実践する瀬戸内を舞台にしたデザインプロジェクト~

○背景と課題

地方で顕在化している人口減少、コミュニティの衰退、地場産業の衰退

○課題解決のためのコンセプト

『HAPPY DESIGN でOK ISLAND(大崎上島)をHAPPY OK ISLANDにシマす。』
•OK ISLAND(大崎上島)において、HAPPY DESIGN(人々が自立的にHAPPY=しあわせを求め、創り、感じるためのデザイン)に取り組む。
•「私はこの島で創造シマす。この島にあったらいいなを作り出シマす。この島を幸せな場所にシマす。この島に暮らシマす。」など、ポジティブなメッセージを共有することで、HAPPY DESIGNの実現を目指す。

○目標:大崎上島の魅力を“デザイン”により最大限プロデュース
•大崎上島の特色・魅力を発信・伝達する
•「行きたい・住みたい・住み続けたい・こどもを育てたい大崎上島」にする
•「ああ、○○の大崎上島ね…」と、ひとことでわかる大崎上島にする

○目標を達成するための方法とその展開

大崎上島の歴史と伝統に基づく暮らしやライフスタイルに視点をあてたソーシャルデザインを行い、その軸として「HAPPY DESIGN」という方法を設定する。

「HAPPY DESIGN」:軸となる7つのデザイン:モノを通しコトをデザイン
•「恵み」のデザイン・・・島の恵み・生産と向かい合う
•「食」のデザイン・・・ 産品を今に結びつける
•「移動」のデザイン・・・誰でもどこでも動ける島(モビリティ)
•「過ごす」デザイン・・・島内人、訪問者、こども、高齢者、若者
•「交わる」デザイン・・・島内、島内外の人たち、広島県の人たち、世界の人たち
•「場」のデザイン・・・ 働く場、眺める場、食べる場
•「笑顔」のデザイン・・・みなが笑顔になる




デザインのスキルをもっと磨きたい、経験を積みたいと思っていたところに舞い込んだ、ミラクルなお話!
私も応募して、先日選考無事通りました~。
これから1年間を通して、デザインを学び、感性や技術を磨いて行きたいなと思います。
とっても楽しみです!!

講師、鈴木エドワード氏の著書 「ゴッドデザイン」
(図書館でリクエストして読みました。大崎上島の図書館においてあります。)
神のデザイン哲学 GOoD DESIGN神のデザイン哲学 GOoD DESIGN
(2013/06/26)
鈴木 エドワード

商品詳細を見る


まさに神がかり的タイミング(笑)
この機会を有効に活かし、1年間がんばりま~す(○´ω`○)ノ 応援してください。


釣りガール♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

タイトルで♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦きらきらしてみたけれど

時にはワイルドに、とってもたくましく生きてます(笑)

た の し い~~!!!

今日は友人たちとはじめてイカ釣りに行ってきました!

朝8時に港集合!(本当はもっと早朝じゃないと釣れないらしいけど、起きられる自信がなかったということで・・・)

朝 7時30分 一緒の車で行くため、近所に住む友人 かなぺが「おはよ~」と玄関に到着。

・・・・と、その声に目が覚めた私。(一瞬何が起きたのかわからず。)

完全に寝坊。

わぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!! ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ !!

ごごごごめん!!!いま起きた!!!!!


かなぺ 「笑!!笑!!笑!!!」



ご、ごめん~゚(゚´Д`゚)゚

10分で着替えて準備してばたばたと出発!!!(男子並)

あ~ほんとびっくりした。朝からほんとびっくりした。
目覚まし時計かけたはずなんだけど・・・・。まったく気がつきませんでした・・・・。(おかしい)


寝坊はしたものの、急いだお陰で、もうひとりの友人をあまり待たせずにすみました・・・。(ホッ)


場所は白水港の近く。
おじさんたちが何人かで釣ってる桟橋の上で、便乗して釣りはじめました!(ここなら釣れるんだろうということで)


釣りガール ひとこま

みっちゃんサマになってる♪かっこいい♪

PB234350.jpg

みっちゃんのブログ⇒みつばちと畑とハンドメイド

かなぺ 「なんか投げにくいと思ったら、短かった~~~(笑)伸ばすの忘れてた~(笑)」(実話)

PB234327.jpg

(大笑い)

かなさんのブログ⇒島ぐらし ときどき 革しごと


と、そんなかなさんが一番最初に釣り上げました!


「ぎゃ~~!!どうすんの?!どうすんの?!どうしたらいいの?!((((;゜Д゜)))」
イカは墨を吐くと聞いていたので、怖くて近づけず・・・・


見事釣り上げて嬉しいやら、どうしていいやらわからず、ただ騒ぐ釣りガールたちに救いの手。
見かねた釣りおじさんがイカを針からとってくれました。


イカ 「ぶっしゃぁぁぁ~!」↓↓↓

PB234333.jpg

釣りガール達 「わきゃーーーーーー!!!!!」 Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)

び、びっくりした・・・。墨じゃなくて、イカが水を吐きました。。
おじさんが汚れなくてよかったと、とりあえず安心しました。。


お・・・おぉふっ。。

PB234337.jpg


ひょえ~~(´ºωº`)
PB234340.jpg

おののきながらも、眉間をグサリ・・・・。

(´ºωº`)(´ºωº`)(´ºωº`)

こ、こわい。
し、しんだ? しんだ???

「命をいただくとはこういうことよね・・・・。」

朝からイカに向かって合掌しました・・・・・(-人-)

この後は結局他には誰も釣れず・・・(^_^;)

立派な海藻以外は。

PB234352.jpg

かなさん「あれれ~??(笑)」
ひろぱん「でもなんかそれすっごいきれいだね!!(笑)撮るよ~~~(笑)」


「釣れないね~~~~。釣り方、これであってる~??おなかへった~~。」(´∀`)
DSC06357.jpg


結局2時間ほどでみんな充電も切れてきたので。

おうちに帰って昼(朝)ご飯の準備!

貴重なイカを捌いておさしみに♪
ゲソはじゃがいもと一緒に炒めてバター醤油味♪
薪ストーブではごはんと味噌汁を炊きます♪
みっちゃんから卵焼きのリクエストもあって、卵焼きもつくって♪
昨日から準備してた、味のしみしみ大根の煮物♪
はやとうりの梅和え♪

豪華なお昼ご飯~\( *´ω`* )/
PB234356.jpg

私は「釣りに行く?」と聞かれても、その後の「ごはん」のことしか頭にありませんでした。(笑)
釣るより、断然食べる派(笑)
釣竿買うほどは、まだ釣りにははまってません(^_^;)
でも友達が釣ってるのを近くで見てるのが楽しい!
今回は真似事で釣り糸たらしてみましたが、う~ん。釣りってムズカシイネー。(゚⊿゚)
イカが釣れることはありませんでしたが、
海もきれいだし、こういう時間はとても好きだなぁと思います。

PB234361.jpg

天気もよくって、縁側でのんびりお茶して、

気づけばあっという間にもう夕方!

今日も、おいしくって、いい一日だったなぁ~~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


がんちゃん夫婦と一緒に大豆の収穫

今週末は、友達と、旬のイカ釣りに行く予定。
でも私は竿を持っていないので、親友、がんちゃんちに竿貸して!と、メールしたところ、「今日暇?今大豆収穫してるから来ない~?」ということで、急遽お手伝いに行ってきました!

がんちゃん夫婦は、島で自然農をされてます。
島に来て、わりとすぐぐらいに知り合って以来、日頃から何かと良い刺激をもらっています!
尊敬してる大好きなご夫婦!!!!
こんな面白(笑)素敵な人たちに出会えたのも、島に思い切って移住したからこそ!
島に来て、本当によかったなぁと思っています!


のどか~~~(´▽`)
DSCN3037.jpg


私も長靴と作業着で張り切ってお手伝い!!
DSCN3043.jpg

脱穀機にかけたものを、ざざっとふるって大きなゴミを取り除き、この唐箕という機械に通して行きます。
DSCN3046.jpg

風でゴミは飛ばされて、重たい身だけ横から出てる。
DSCN3048.jpg


「えぇっ!こっち側からは大豆じゃなくてゴミ出てきてるよ!」と、必死にゴミをブロックしてるところ。(笑)
「もう一回通すから、ええんよね~。(´▽`)」とがんちゃん夫のがん治さん。
大豆は主に右側から出てきました。
DSCN3052.jpg

ころころのかわいい大豆ちゃん。
DSCN3049.jpg

更に選別して。
DSCN3045.jpg

おお!たくさん!
このまま天日乾燥。
DSCN3044.jpg

がんちゃん手作りの美味しいお昼をご馳走になって。
作ってきたおやつでお茶をして。
お話して~。

またぼちぼち大豆を選別して~。

たっくさん取れた大豆の枝の山を前に、大豆の選別はとても地道な作業でしたが、いろんな話をしながら、秋晴れの空の下、日向ぼっこしながら、とても平和で、しあわせな時間でした!
気が付くと、あっという間に夕方でした。

がんちゃん達とは一緒にいるだけで、なんだか幸せな気持ちになります!ヽ(*´∀`)ノ
存在が、癒やし!!!



この感じ・・・・どっかで・・・・・






・・・・はたっ!!!!!!







のほほん族 ほっこりオレンジのほほん族 ほっこりオレンジ
(2009/07/09)
タカラトミー

商品詳細を見る


こ、これだ!!!!そうだ!まさしく、この感じだ!!!(笑)





急がない。焦らない。
お日様の光を浴びて、の~んびり。

生きることに、ちっともガツガツしたところがなくて、
できないことは、できなくてもOK。
やりたくないことは、やらなくたってOK。
明日できることは、明日やったってOK!

決して力まず、無理はせず。(だけどとってもパワフルな一面も!)

・・・いい!とてもいいと思う!!!(笑)


私はまだどこかで自分を「今のままではダメだ」とか「もっと頑張らなくちゃ!」とか思っている節があるので・・・・

もうちょっと肩の力が抜けたらいいなと思うところも。

そんな私にとって、がんちゃん夫婦はとても尊敬すべき脱力系夫婦なのであります。




民泊2日目

民泊二日目

今回の学校は、珍しく2日間みっちり家業体験としてスケジュールが組まれていました。
大抵は、午前か午後のどちらかに、学校がリクリエーションとか、皆伝馬競漕(かいでんまきょうそう)体験をさせることが多いんですが、今回入島式から離島式まで、各民泊家庭ごとに委ねられるという異例の事態!

(なんでも、いろいろあって、学校に修学旅行の予算があまりなかったんだとか・・・)


2日目、何をしようかなと考えた末、メインイベントとして、神峰山トレッキングをすることにしました。
まだちょっと紅葉には早いけど、展望台の景色は絶景です!
一緒にお弁当をつくって頂上で食べよう思いました!

少し朝寝坊して、朝ごはんを簡単に済ませたら、みんなに外のまきストーブでごはんを炊いてもらいました。

ストーブで炊いたごはん美味しいんだよね~。

DSCN2996.jpg

火の番しながら、マシュマロ焼いたりして~。
結構楽しい。
夏場は暑いのと、ものすごいモスキートアタックにじっと火の番なんてしてられないので・・・今冬最初の火入れ式です!
また豆炭こたつ大活躍の季節が近づいきましたね~♪

ごはんが炊けたら、各自おにぎりをにぎってもらい、おかずを詰めてもらい、いざ。
トレッキング中の写真撮るのすっかりわすれていました。

展望台までは車でもいけるんですが、より大きな感動を味わうため、あえて下のトレッキングコースから登ることに。
春に登ったのと同じコースです!

春に来た時より道が荒れていました。猪がすごく掘り返してたり、草や枝、触るとかぶれる漆が道の脇の至るところに。。。
明らかにしばらく人が通ってない感じでした。
きつい坂や階段をぜぇぜぇしながらやっとの思いで展望台に到着・・・。
文化部と帰宅部女子達頑張ってました!!
(私も、日頃の運動不足もあって、かなりきつく感じました・・・!)

展望台近くのテーブルで持ってきたお弁当やみかんを食べ、ようやく一息!
頂上では、無地のはがきを渡し、それぞれ絵を描いてもらうことに。

絵葉書を書いてもらうことが家業体験の恒例になってきました。

img003.jpg
私は絵を描いているみんなをスケッチ。

絵葉書はみんなが帰ったあと、それぞれの住所に送ります。(もう届いているだろう)


そして今度は別の舗装された道から、下の車を止めた駐車場まで歩いて下ります。

アスファルト、楽だ~。

車に乗って、少し買い物を済ませ、今度は地元の公共温泉施設へ!
汗もかいたし、温泉でさっぱり♪♨♨♨
帰ってから順番にお風呂に入らなくていいので、気が楽です!

最近ここの温泉がプチリニューアルしてカラオケボックスができました。
一曲100円。
お風呂上がり、みんなでカラオケすることに!
私はカラオケ、ものすごく久しぶりです。
大学卒業してから行ってないんじゃないか。
学生の時は友達としょっちゅう行ってました!
当時よく行ってたカラオケ店には、ドリンクバーにソフトクリームとかも置いてあって、コーヒーフロートしたり、メロンクリームソーダつくったり、なんか今では一切口にしないジャンクなものをつまみつつ、飲みつつ。

カラオケ店に夜行ってフリータイムで夜通し騒いで、ぐったりどろどろになって部屋に帰ってきて、朝寝るという・・・。

それなりに遊んでました。
どこにでもいる普通の大学生でした。
あれはあれで楽しかったけど・・・もう、今それ絶対無理です・・・。(;´∀`)
さすがに卒業したなって感じです。

思い出しただけでちょっと咳こみそう。(;´∀`)

歳かね??(´☣౪☣)

こないだシンポジウムのパネルディスカッションの時、コーディネーターの方に、
「佐々木さんは、まだ若くて都会の遊びとかも恋しんじゃないかと思うんだけど」
と言われたんですが、まっっっっっっっっっっったく!!!ないんです、これが。

逆にみんな都会で何をそんなに遊ぶことがあるんだろうかと。
今では美術館に行くためにごく稀に都会に出ることはあるけど、よほどのことがないと島を出ることすらありません。
でも都会に行って帰ってくるとほぼ次の日体調をくずします。

私にとっての遊び(自分の心が喜ぶこと)って言ったら、畑で植物と過ごしたり、縁側でお茶を入れて本を読んだり、海を眺めたり、海岸に降りて行って1年分のひじきとったり(笑)

好きな遊び(自分の心が喜ぶこと)が、総じて渋いのです(笑)

歳なのかね??(´☣౪☣)

もちろん、大好きな友人たちと一緒に過ごすこともすき!!

今は、カラオケでマイク持って歌うよりも、家事をしながら歌うはなうたの方が楽しいし、都会のやたらなところで食べるごはんより、自分でつくった野菜を使ってつくったごはんの方が、ずっと体と心が満たされる!!

こういう地味かもしれないけど、滋味のある(笑)楽しみを覚えてしまうと、都会的な「遊び」はただ疲れるだけで、まったく喜びを感じません。だって、そこから何を得られるの??返って消耗しているだけのような気もします。


普段働いたり、生活している中で、我慢や抑圧もおおければ多いほど、心の均衡を保つためにそういった「発散」も必要ということなのでしょう。

「発散」の必要のない生き方がしたいものだなぁと思います。

さて、カラオケではみんなが歌う歌の一つもわからないまま。
(いや、だって、ももクロとか趣味じゃないし、うちテレビないし・・・)
軽くジェネレーションギャップでした(笑)
途中知らないおばさんもカラオケボックス内に乱入飛び入り参加で、「こういうの島っぽくていい!」とJK達は喜んでおりました(笑)



おうちに帰って夜ご飯の準備♪

この日のメニューは

・猪肉の煮豚
・煮玉子
・春巻き
・こんにゃくと大豆のコチュジャン炒め
・はやとうりの浅漬けサラダ
・味噌汁
・ごはん

春巻きを巻いてもらったり、お味噌汁を作ってもらったり、一緒にわいわい夕飯の支度♪
みんなといろいろな話をしながら、とても楽しい時間です♪

DSCN3001.jpg

DSCN3002.jpg

DSCN2999.jpg

やっぱり運動すると、お腹もへる!
みんなでたくさん食べました~^^
「おいしかった」喜んでもらえて、何よりでした!

2泊3日は、実際驚く程あっという間です!

「え?もう明日帰らないといけないの?」
「前日宮島のホテルに一泊したけど、あれなくて、全部民泊がよかった。」

そんなことを言ってもらえると、もうなんてかわいい子達なのかと。
島での時間を楽しんでもらえて本当によかったなと思うのです。
私の、「楽しんでもらう、喜んでもらう」というミッションも、なんとか無事成功したのでありました。

素敵な高校生活の思い出のひとつとなれば幸いです。

この日の夜は少しだけ遅くまでしゃべって、次の日、朝ごはんを食べさせ港まで送ります。

DSCN3003.jpg

朝ごはんは、前夜にリクエストのあった、ハッシュドポテトと、スクランブルエッグ、かぼちゃのサラダに、、ホームベーカリーで焼いた食パンのトースト。

いい一日の始まりとなるよう、心を込めてつくります。

港では、恒例の、「幸せの黄色い旗」をふってお見送り。

元気でね。これからのみんなに幸多きことを祈っています!

民泊レストラン1日目 猪肉のブラウンシチュー

先週(気が付けばもう一週間過ぎてました・・・)
大崎上島町が現在力を入れている民泊事業で、埼玉からの高校生の民泊受け入れをしました。

ちょっと普通の(?)民泊家庭とは条件が違うけど(Iターンだし、単身だし、20代だし)、民泊で縁のあった子達には、ここで見つけた私なりの島での暮らしの楽しみ方や、考え方みたいなものを伝えられたらいいなと思っています。
他の家庭のように体験できないこともいろいろあるけど、うちではうちでしか体験できないことがきっとあるはずだ!

とりあえず、私だったらせっかく旅行に来たのに、ご飯が美味しくなかったら一番悲しいことなので・・・ご飯だけは頑張ろうと思いました(笑)

島食材といえば、やっぱし魚だけど、今回は知人から巨大な猪肉のブロックをいただき、それを調理することにしました!
島は猪がたくさんいますからね。食べて共存・・・。

今回はこの巨大なブロックを二つに分けて、半分はブラウンシチュー、もう半分は、煮豚にすることに。

DSCN2973.jpg

夫婦で受け入れてるところは、外で旦那さんが家業体験に連れてっている間に、奥さんが料理の支度して~みたいな役割分担ができるけど、そこは残念、ひとりみなので、腕2本と足2本で出来る範囲でがんばりますo(・`д・´。)
料理も、できるだけ下ごしらえしておいて、ちょこっと手を加えたり、簡単なものを1~2品つくれば体裁が整うように、準備しときます。
家業体験で夕方まで外で遊んで、帰って一から料理するとなると、時間が遅くなってしまうので、民泊受け入れの際、料理の下準備を整えとくことってすっごく大切だなって、経験から学びました。(私基本、あ~んまり手際よくないのよね。)


〈民泊受け入れ二日前の晩〉

猪ブラウンシチューの下ごしらえ。

玉ねぎ、にんじん、セロリ(なかったのでパセリ)、ガーリックひとかけを刻みます。
セージの葉数枚(なくてもいい)、ローリエを二枚を入れ、赤ワインを注ぎ、食べやすい大きさに切った猪肉を一緒に入れて一晩マリネします。

DSCN2972.jpg


DSCN2974.jpg

おー、すごいビジュアルだ。。
ネットで調べたレシピをミックスして、自己流になりました。覚え書きです。
反省点としては、ここで野菜はみじん切りにせず、薄切りくらいでよかったなってこと。あとで野菜と肉分けなきゃいけないんだけど、みじん切りの野菜が肉にくっついてくるのよね!それに、野菜は後でどうせミキサーにかけちゃうので~。

〈民泊受け入れ前日〉
一晩マリネした猪肉と野菜、赤ワインの汁をそれぞれ分けます。

猪肉は塩コショウして、小麦粉をはたき、油を敷いたフライパンで色がつくまで焼きます。


煮込み用の鍋にオリーブ油を敷いて、弱めの中火で野菜を炒めます。
DSCN2976.jpg

(実家からもらってきた赤鍋(銅鍋)役に立ってるよ~)
DSCN2981.jpg


火が通ってきたら、しし肉と、分けておいた赤ワイン、トマトジュース(トマト缶でもOK)を加え灰汁を取りながら煮込こと

三時間。


って!あるレシピには書いてあったけど、三時間も煮込むなんて、ガス代がいくらになるのか恐ろしくて((((;゜Д゜)))ようできません・・・!!!(父は昔フレンチをしてたのですが、確かにいつもなんかしら煮込んでました。高級西洋料理って、煮込んでなんぼなとこあるよね。)

ガス代はもったいないけど、長時間加熱したいので、こんな時は鍋帽子があると便利です!
PB161055.jpg
魔法の鍋帽子魔法の鍋帽子
(2012/03/05)
婦人之友社編集部

商品詳細を見る


以前鍋帽子について触れてる記事http://utsukushimaai.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

最初に少し煮込んで、ある程度灰汁をとったら、鍋帽子の中へ。

そのまま三時間。

お茶を飲んで、ネットして、のんびり過ごします。

取り出して、肉がまだ硬いようなら、再び火にかけます。
そして再び鍋帽子へ。(時間は各自調整してください)

肉がやわらかくなったら、肉だけ取り出し、煮汁を漉します。
野菜は適量の煮汁を加えてミキサーでピューレ状にします。(あ、ローリエは取り出しといてね)
DSCN2983.jpg

再び肉、野菜ピューレ、残りの煮汁を鍋に戻し弱火にかけます。
隠し味に味噌を加え、塩で味を整えます。最後にブールマニエを加え、もう一度繰り返します、ブールマニエを加え!
(今回初めて覚えたの。ブールマニエって言葉。プロっぽいでそ(*´ч`*)。笑)

とろみをつけまーす。

今回乳製品のアレルギーの子がいて(事前に情報が来るようになってます)どの程度のアレルギーかわからなかったので、一応バターを避け、今回はオリーブオイルでつくりました。

ブールマニエを。(言いたいだけ)

ほほ~う♪レストランの匂いがする・・・!!!!
DSCN2985.jpg


あとは味がなじんで落ち着くよう、一晩ねかせます。

当日はお昼頃高校生を港まで迎えに行き、家に来て一緒にお昼。
お昼はトマトソースとバジルソース、二種のパスタにしました。

家業体験で家の畑仕事を少し体験してもらい、夕陽を見るため海岸に。
埼玉は海がないので、海に触れさせてあげて欲しいという学校サイドの要望がありました!大串の海岸には沢山の生徒さんと先生たちの姿が。ニイナという巻貝をとったり、ウミウシ観察したり、貝殻拾ったりと、みんな楽しんだ様子!

夕日を見て、帰ったら、結構いい時間でした。
夕飯作りの手伝いも、立派なカ行体験!
一緒にキッシュをつくりました!
DSCN2988.jpg

かぼちゃとアーモンドのサラダ
DSCN2993.jpg


シチューと一緒に食卓へ並べます☆彡
DSCN2989 - コピー

豪華~!!!うちの食卓上、まれに見る豪華な夕食です。
今日のテーマはフランス料理!(みたいな料理!)



聞くと、乳製品アレルギーの子はバターは大丈夫ということで、バターライスにしました。パセリも庭からとってきてもらいました。
DSCN2990.jpg

美味しかった~~。普段一人だと手の込んだ料理しないけど、こういう機会だからこそ、作れた料理でした。
またいつか、つくりたいなと思います!

みんな疲れていたのか、お風呂に入って10時には就寝!

「次の日の起床時間は?」と聞かれたので、「起きた時間で!」って答えました(笑)

一日目、無事終了~。