実りの秋

秋 です。

金木犀の香りや、ふかふかの落ち葉でできた土の香りが、ふわっと風に乗って、部屋の中までやってきます。


うぅ~~!いいにほい!!ヽ(*´∀`)ノ

そんでもって、なんか、お腹もすくにほい!!(笑)

秋は食べ物大好き3種体癖にとって、うきうきが止まらない季節!!

は~、ど~しよ~、ど~しよ~!
焼き芋?栗ご飯??いちじく????柿?????
もうすぐ早生のみかんも出るし。。。

きゃほーーーーーーーーっ♪ヽ(*´∀`)ノ ♡♡♡


尋常ならざるハイテンションなのであります。


先日オッコトヌシ(猪)様に荒らされた畑ですが、その後柵の補強を行ってからは、なんとか無事平安に過ごしています。

昨日はバイオダイナミック農法の種まきカレンダーで言うと「葉の日」だったので、白菜を畑に定植しました。
野口の種で買った、愛知白菜という品種。
今年はじめて育てますが、おいしく育ってくれたらよいな!
鍋!鍋が食べたい~~。

うちは、基本は自然農ベースだけど、バイオダイナミックの種まきカレンダーも参考にしています。
今まで2年ほど使ってきて、その効果がどれぐらいあるのかは、正直あまりわからないのだけど(基本的に土がまだできてなかったということもあって)でも、天体と植物の関係性はかなりあると思っているし、とりあえず、なんか素敵(笑)なので継続しています!(自分の体調や、メンタルにも、どう影響するかも実験観察中。)


落ち着いて畑ができるときは、半日ぐらい時間をかけてじっくり畑で過ごします。
草を狩っては、せっせと通路に敷いていき、来年、再来年の土の準備です。
無駄なものが出ないから、自然農って素敵だなって思います。

畑を裸足で歩くと気持ち良い。
P8304049 - コピー

人参の収穫!
P9264076.jpg

ほってもほっても・・・・。。。。
P9264081.jpg

ひっぱったら、途中で切れてしまいました・・・・。(残念!)
P9264082.jpg

細いなって思ったけど、まな板の上では結構な存在感!
「にんじんですからっ!!!!!」っていう、すごく濃い味と香りです!薬効高そう!!美味しかったです。^^
DSCN2903.jpg


柿も採れました!今年の柿はすっごくおいしい!
P9204067 - コピー

カラスと競争。
P9204068 - コピー
P9204069 - コピー

栗をもらいました!(新米で、栗ご飯にする予定~~♪)
DSCN2904.jpg

今年初いちじく!
「今年未だ食べてないんです~」って知人にぼやいた(?)ところ、「取りに来て!」と電話が!!!
柿と、いただきもので、たくさんあったかぼすを持って、飛んでいきました。
P9294089.jpg

前は、何かを人にもらったり、お世話になると、「返さなきゃ!!!!」って妙にハラハラして焦ったんですが、最近は、甘えるところは甘えて、返せるところで、返したらいいんだって、ゆるく思えるようになりました。
こういう、物々交換的な緩やかな交流が、今では、結構居心地いいです。
スポンサーサイト

八幡神社の秋祭り


昨日は、島にある中野八幡神社のお祭でした!
知人に、「琴の演奏があるよ」と誘われて、聴きに行くことに。

出店も少しだけ出てました。
DSCN2920 - コピー

天気もよく、とてものどかで、いい雰囲気。
DSCN2910.jpg

とても清々しくて、綺麗な神社です!
春は桜の名所としても知られていて、毎年お花見に来ます。
DSCN2911.jpg

琴の生演奏は初めて聴きました!
DSCN2918 - コピー


演奏の後、地区の子供達の稚児行列がお宮に戻ってきて、小さな可愛らしい巫女さんが、舞を奉納していました。
DSCN2921 - コピー

この島は、文化水準が高い気がします。
大崎上島の高齢化率は県でもトップ。子供達はどんどん少なくなっているようですが、こういった素敵なお祭り、文化はずっと残っていけばいいなと思います。

戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 (「戦争は儲かる!」by アメリカ)


デザインの仕事

島に来てから、いくつかデザインのお仕事をいただきました。
場数をそんなに踏んでないので、まだまだ、わからないことだらけで、やりながら新しい技術を覚えたり、感覚を身につけたりしながら、手探りで、取り組んでいました。
大学でデザインを勉強してはいたけれど、仕事に結びつくほどのスキルを身につけられるほど、熱心に勉強していたわけでもありませんでした。
それでもいろいろなものを見たり、聞いたりしながら、デザインというものを通して、社会や、モノの在り方なんかを自分なりに考えてこられたのは、幸いだったなって思います。私の場合、ものの表面的な部分より、ついついその裏側、奥の方にある意図や仕組み、考えかたの方に、目が向いてしまう傾向があり、実際作品をつくるより、考える事のほうが好きな学生でした。

芸術作品であれば、「売る」ということを考えて創作するというのとは、ちょっと違いますよね。(そのような理由で作られた芸術作品なんて、芸術としての本来の価値は全くないと考えます。「自分の名を売るため」といった、名誉欲のために描かれたものも同様です。作品がまったく光らないし、私は好きじゃないなって思います。)

だけどデザインは、基本的に「売るため」に考えます。
パッケージデザインは、その商品に込められた思いなんかをおりまぜながら、いかに商品が魅力的に見せるか考え、店頭で売る(売れる)ということまでしっかり考えて、つくっていきます。
ポスターにしても、パンフレットにしても、その対象について、いかに消費者に興味をもたせ、魅力を伝えられるかにかかっています。ただの文字情報の羅列だけでは伝えきれない、背景、思い、空気感を限られた紙面で表現するのは、とても難しいけれど、それが本当に美しく、かつ、分かりやすく伝えられた時の喜びや、達成感は、とても大きいと思います。

現代はモノやデザインなど、ありとあらゆるものが揃っているけれど、学生の頃は、その移ろいやすくて使い捨て的なものの扱い方、デザインの使われ方が、嫌だなって、思っていました。(それは、今でも思っています。)だから、卒業する頃には、「デザイン」に対して、少し不信感というか、辟易したものも感じていました。見てくればっかり取り繕って、消費者を騙すことだって、デザインには出来てしまうからです。現代の「消費者」と呼ばれる人達は、沢山のモノに接し、沢山のモノに囲まれて生活していますけれど、「本物」に接して、「本物」を知っている人というのは、すごく少ないと思います。
だから、そういったデザイン的(表面的)な見せ方、広告に、簡単にほだされて、騙されやすくなっているかもしれません。

自分は、そんなことのために、デザインはしたくない。自分は、もうデザインからは離れよう。

そう思いました。

だけど、島に来て、偶然たまたま人にデザイン的なことを頼まれることになり、自分が持っているデザインソフトと、それまでに培った、わずかばかりの技術や感覚を駆使して、なんとかそれなりのものを形にし、人に渡すことが出来た時、それを相手がすごく喜んでくださって、自分もそれがすごく嬉しいことだと感じました。

私ぐらいのスキルの持ち主は、世の中に沢山いると思いますし、もっとすごい技術と経験をもったデザイナーだって、都会に行けば山ほどいます。
「プロ」と呼ぶにはおこがましいけど、全くの素人というわけでもない。
だけど、そんな、私ぐらいのささやかなデザインスキルを持ったものでも、こうした田舎に来ると、意外と重宝してもらえて、なんだかよかったなと思うのです。

美術系の学校では、「社会で名が知られること」それだけの「才能」を得ることを無言の内に求められる節があります。

そういったことに対する葛藤が自分の中にあった時、ぱらっと開いた本の中に、こんな言葉が書かれていました。

「他人に打ち勝つ才能はなくとも、周りの人に喜んでもらうことをする才能は、誰もが十分にもっているものです。残念なことに、今まで他人に打ち勝つことばかりを教えこまれ、こうした才能を開花させることを学んで来なかったに過ぎません。自分の才能を自分自身の物質的豊かさのために浪費する生き方をやめて、少しでも多くの人と自分の才能をわかちあう生き方を選択した時、人生は充足感に満ちたものになります。」(幸せを開く7つのチャクラP.35)

幸せを開く7つの扉(チャクラ)幸せを開く7つの扉(チャクラ)
(2005/09)
ロッキー田中、片岡 慎介 他

商品詳細を見る


この一文を読んだ時、「あぁ。これだ。」と思ったんです。自分が求めてるのはこういう在り方なんじゃないかって。

そして、一時は辟易とすらしていたデザインという仕事ですが、実は自分はこの仕事が、やっぱり結構好きなんだなってことに気が付きました。

自分のささやかながら一生懸命な仕事が、人に喜んでもらえるというのは、本当に何にもまして、嬉しいこと。
その必要があるのなら、自分はこういったささやかな仕事を、ずっと、続けていけたらいいなって、思います。

島に来て、やらせていただいた仕事を少し。
手探りで、お見苦しい部分もあるかもしれませんが、よかったら、ご覧になってくださいね。

島のおみやげ屋さん各店で販売中。ふれあい工房、瀬戸内フィナンシェパッケージ

P3151461 - コピー

P3151431 - コピー

P3151448 - コピー


瀬戸内フィナンシェ ポップ - コピー


島の友人に頼まれた、グループのTシャツデザイン
Ratile boep① - コピー


個人情報なのでこちらにはお載せできませんが、名刺のご依頼もあり、似顔絵入りて作らせていただきました。

パソコン上で見ていたものが実際刷り上がってきた時の感動って、好きだなって思います。
手触りと、インクのツヤ、紙の持つ独特の風合い、質量。
紙とインクの印刷物に対して、とてもマニアックな喜びがあります(笑)

お月見

こないだのスーパームーンはご覧になりました??
P9094057 - コピー

きれーでしたねー。
なんだか、こぅ・・・まぁるいものが、食べたくなってきますねぇ。(*´~`*)

というわけで!!(どういうわけで?)
信州おやきをつくることに!!(このブログの花より団子率の高さったらないよね。)

強力粉1カップ、薄力粉1カップ、片栗粉大さじ1ぐらい、塩をふるいにかけて、熱湯160ccくらいを注いで、菜箸かヘラでぐるぐるします。触れるぐらいの温度になったらよくこねてひとまとめにします。
そのままラップをして30分休ませて。

その間に好みの具材を用意します。
この時は、じゃがいもと、ニラを炒めて、大豆ミートのフレークと、水、みりんと味噌と醤油少々で味付け。

具はもうなんでもあるもので!
あんこにしてもおいしいし、カレー風味や、トマトソースとチーズの組み合わせも美味しいと思う!!(まだやってないけど!)

生地は丸く伸ばして、スケッパー等で8等分。(ケーキ切るみたいな感じ。)
それぞれを丸めて、丸く伸ばし、具をつつむべし!
DSCN2891 - コピー

ごま油を敷いたフライパンで両面をこんがり焼きます。
いい色になったら、水を40ミリリットルほどさして、急いで蓋をして3分ほど蒸し焼きに。
DSCN2894 - コピー

蓋をあけて、水分を完全に飛ばし、皮がぱりっとしたらできあがりっ!
DSCN2895 - コピー

あっつあつのもっちもち♪
おいしくて最高のお月見でした☆

柵の補強

猪に、楽しみにしていたきゅうりや、かぼちゃが食べられたショックは大きかったけど、このまま引き下がるわけにはいかない・・・。

柵を破られ、畑を踏み荒らされ、大切にしていたきゅうりとかぼちゃを失った喪失感から立ち上がり(おおげさな)、今朝は気合を入れて畑の柵の修繕と補強作業を行いました。

作業着に着替えて、いざ!というところに、通りかかったのは正しく天の助け。ミツバチ師匠Kさん。

「どしたん?」

「・・・また猪に入られてしまって・・・。。」

すると、すぐに畑を見に行って下さり、アドバイスを下さって、なんと一緒に修繕作業を手伝ってくださいました・・・!!!!

DSCN2886.jpg


(・・・というか、もう、ほとんどKさんがやってくださって、私横で見ているだけでしたが・・・・。。。)

ほんとうに、Kさんがいなかったら、私はここで暮らしていけなかったんじゃないかと思います。
ほんっっっとうに、ありがたい存在です。
今度、キッシュ焼いて、お礼に持って行こう。

DSCN2887.jpg

柵の真ん中に、もう一本杭を打ち込んで、下の方からしっかり止めれば、いのししも破りにくいと。

真ん中が開いていると、わずかにたわんだところから、鼻先でおしあげて入ってしまうのだとか・・・。

猪の鼻と首は、ものすごい力です。

「これでダメなら、またその時かんがえようや。」

ほーーーー。。。゚(゚´Д`゚)゚。

ということで、もう、これでなんとか解決してほしいと、切に願うばかりです・・・・。

昨日の夜は、棒と、懐中電灯持って、おっかなびっくりパトロールにも行きました。
わざとドタドタ足音たてたりして。

今夜も頑張って、パトロール・・・・・い、いってきます。(デルナよー。デルナよ-。)

畑が荒らされるのは決まって秋。
冬に向けて、猪が必死で脂肪を溜め込もうと、本能の赴くままに、食べて、食べて、食べまくっているようです。
恐らく、出産シーズンとも重るのだと思われ、この頃の猪の食欲は異様なまでに高まります。
春も出産シーズンではあるようですが、今ほど異常な荒らし方はしません。

どうしたもんかな。猪も、年々どんどん増えているようです。
このままじゃ、この島、人間より猪の方が多くなっちゃうよ。
野生動物と人間の住み分け、共存。
とても、切迫した課題です。

猪について、もっとよく勉強しなければいけないなぁと思っています。



・・・・またもや・・・・orz


またもや、畑を猪に荒らされてしまいました・・・。

かなしい。

あーー。。なすーーー。。。(;_;)
DSCN2881.jpg

この前植えたばかりのじゃがいも・・・・(/_;)
DSCN2883.jpg

ズッキーニ・・・・・(´;ω;`)ウッ…
DSCN2884.jpg

・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。うわーーん。
DSCN2885.jpg

昨年あんなにがんばって柵を取り付けたというのに!

どうしたらいいんだ~。
 
もうこの柵壊されたら、コレ以上は私一人の力ではお手上げ。

毎年秋に荒らされてしまうので、秋蒔きの野菜はいつも予定が狂ってしまって、冬野菜があまりしっかり採れません。

どうしたらいいんだ~~~~~。。・゚・(ノД`)・゚・。

誰か助けて。

今年こそは白菜をしっかり作りたいよ~う・・・・。。゚(゚´Д`゚)゚。

PACEの風 ~丸山祐一郎&はるちゃんコンサートへのお誘い~


こんにちわ!
島は虫が鳴き始めて、徐々に秋らしい気配が漂ってきました。

今日はコンサートのお誘いです。
今月13日、大崎上島町沖浦 物産館にて、旅する演奏家、丸山祐一郎さんとはるちゃんによる、ギターデュオのコンサートがあります!
2014 パーチェの風チラシ

年に一度、島を訪れ素敵な音楽を奏でてくれるお二人。
私も昨年友人の誘いで、初めて二人のコンサートに行ってきました!

その演奏の素敵なこと。

その時買ったCD「PECEの風」は、家でほんとうによく聴く、お気に入りの一枚となりました!
島の明るくて、ゆったりした時間にすごくよく合う気がします。
CDももちろんいいけれど、機会があれば是非一度、生の演奏を聴いていただきたいなと思います!
昨年のコンサートの様子はこちら。



こんな風に、ギター一本で、どこにでも旅していけちゃう。素敵な生き方だな~って思いました。

今回会場となるのは、沖浦の港に面した建物。
目の前はすぐ海です!

島外からですと木江・沖浦方面へのアクセスは少し面倒かもしれませんが、ここから見える景色は、ほんとうに素晴らしいです。・・・お店などはあまりないですが、景色がごちそうです!!

今回はそんな沖浦で、素敵な音楽を聴きながら、のんびり過ごしてみませんかー。



※今回のライブは投げ銭形式だそうですので、ご参加の際はお気持ちをちゃりんしてくださいねー。(お札でももちろん!!)