スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ・アンテナでパステルアート教室


先週、島のカフェ、アンテナで行われたパステルアート教室に行ってきました。
アンテナの様子は↓↓をチェック☆
アンテナ 店長 かずみさんのブログ

ウーファーをしながら、フクシマからの移住先を探していた私。
そもそも、この島に来るきっかけは、このカフェアンテナにWWOOF(ウーフ)を申し込んだことでした。

店主のルイさんは、今海外にお出かけでいないけど、今は代わりにかずみさんが立派にカフェアンテナを切り盛りしています。

他にも、私がこの島に来て最初に接触した第一島人のヨッコさんと、1年ほど前に島に移住してきたいくえさんの3人で、仲良く楽しく営業中。

二人はアンテナ店内で雑貨屋さん(すみっこ雑貨店)とリフレクソロジーをやってます!

よっこのちびっこ・・・じゃなかった、すみっこ雑貨店には、私の作品もちょろっと置かせてもらってるので、もし大崎上島にいらっしゃることがあれば、是非のぞいて見てくださいね☆ヨッコさんこだわりの自然食品や、ろうそく、食器などのアイテムも要チェックです。

神峰山に登った後は、いくえさんのリフレでリフレッシュするのもいいかも!!!
先日はじめてリフレを受けた私。

痛さに店の隅で大騒ぎするという。(笑)
年齢の割にはけっこうきてるそうでした。orz
私が大騒ぎなだけで、強さは加減してくださる(はず)ですので、ご安心を!(笑)

さて、先日そのカフェアンテナで行われたパステルイラスト教室の様子♪
ドリンク付きで1500円
午前中に行ったこともあり、先生独占でした☆

先生のお手本を見ながら、だれでも簡単に描くことができるそうです♪
先生の絵、きれーーだなぁーーー。
P5253630 - コピー
絵は描きたいものを自分で選ぶことが出来ます。



筆とかではなく、手で直接描ける感じが、感覚にダイレクトに伝わってきてなんか楽しかった!
砂遊びしてるみたいな感じ。(個人的感想です。)
P5253594 - コピー


出来上がった緑の平原を見ていたら、馬が描きたくなった。
先生のお手本の葉っぱを変更して馬を描くことにしました。
P5253604 - コピー
厚めの紙に描いた絵をカッターで切り抜きまーす。

「しょっぱなからこんなアレンジ効かせる人はじめてだよ~(笑)」と、先生。
でも、とっても褒め上手な先生。

そして「褒めて伸ばして」タイプな私。(笑)

相乗効果でますます楽しくなってきました!!

虹を描きます。
P5253615 - コピー

P5253620 - コピー

光を描き込みます。
P5253622 - コピー

サインして。
P5253627 - コピー

完成~☆
P5253629 - コピー

先生の絵とは、また違った感じになりました。
エアー感のある雰囲気と、パステルならではの光の表現ができるのが、とても面白いなと思いました。
以前から完全に自己流で絵の部分的にパステルを使っていましたが、今回こうして改めてきちんと技法を習うことが出来て、とても勉強になりました!

とても素敵な先生に出会えたことも、ラッキーでした♪

また島に来てくださるとのことで、その時はまたレッスンを受けて、新しい技術を覚えてスキルアップしたいと思います♪
スポンサーサイト

5月民泊(2)


民泊2日目の夕方、リクリエーションの帰りに、夕日を見るため、大串海岸によりました。

DSCN2808 - コピー

やっぱり島といえば、海です。
打ち寄せる波と、オレンジ色の夕日にテンションも上がります。

夢中で貝を拾う女子達の図。↓↓
DSCN2810 - コピー
「見て見て!めっちゃきれいな巻き貝見つけた~~!!」

みんなそれぞれ楽しんでました。(^^)

民泊を受け入れる側は、何度か経験できますが、やってきたみんなにとっては中学校の修学旅行は人生で1度きり。
それを思ったら、出来る限りのことをしてあげたいなぁと思いました。

他の民泊家庭の方からは、子供達を、カヤックや、釣りや、イチゴ狩りなど、いろんなレジャーに連れて行ったという話を聞きましたが、私は、あまりいろいろなことでで体験を詰め込み忙しくするより、ちょっとのんびりとした時間配分で、一緒にごはんをつくったり、お茶をのんだり、ゆっくり話をするのもいいのではないかなぁと思いました。
旅は出会い。普段私がやらないことを、背伸びをして、無理して付き合うよりも、ただ、友人として、自分が普段やっていることの範囲のうちで、みんなにそれを体験してもらって、そこから各自が何かを感じてとってもらったらいいと思いました。

姉妹にしては少し年が離れているけど、親子ほどは離れていない。
ちょっと微妙な年齢差。

一人の子が、「修学旅行というより、友達の家に泊まりに来たみたい。」と言ってくれました。
嬉しい事だなって思います。
私も、みんなのいろんな話を聞きながら、中学の時のことを思い出したりしてました。

楽しかったことも、悲しかったことも。
その時その時感じたことや経験したことが、自分の中に降り積もって、今日の自分をつくっていきます。

この3日間のほんの小さな出来事は、そのうち忘れてしまっても、きっと彼女たちの中に、そして私の中に降り積もって、また明日の自分を作っていくんだろうなと思います。

こうして一緒に過ごしたのも何かの縁だし、「一期一会」ですね。

DSCN2812 - コピー


さて、3日目最終日。
あさごはんは、フレンチトーストにしました。サラダとチャイも一緒に。
P5163539 - コピー
夜ご飯をどんなにしっかり食べても、みんな朝起きるとしっかりお腹が空いていて。
やっぱ若いんじゃね。って思いました。(笑)
私は普段朝ごはん食べないのだけど、便乗してフレンチトーストつまみ食い♪
久しぶりに食べる、フレンチトーストはおいしい。
甘みには、うちのはちみつを使ってます。
パンはもちろんホームベーカリーで焼いたものです。

後片付けをしたら、家業体験。
見晴らしの良い友人宅の庭先(笑)に、おじゃまして、絵を描かせてもらうことにしました。
(普段から、たまにこの友人の庭先で絵を描かせてもらってます。)
P5163549 - コピー

水彩画用のはがきを1枚ずつ渡して、絵手紙を描いてもらいました。
P5163546 - コピー

見たまんまじゃなくってもいいよ?全然関係ないものでもいいよ?
と言ったけど、けっこうみんなちゃんと見て描いている様子でした。

絵手紙は、後日切手を貼って送りました。
落ち着いた頃に、届いて、またちょっと島を思い出させるという作戦。(?)

その後、お隣のおばあちゃんが、マメを収穫にいらっしゃいと声をかけてくださって、みんなでスナップえんどうの収穫祭です。

みんなのおみやげにもなりました。
民泊を受けると、毎回こうしてご近所さんにも、何かとサポートしていただいてます。
ありがたい限り。こういうところだから、私はたとえ一人でも難なく暮らせていけちゃうんだろうなぁって思います。


お昼ごはんはカレーと豆スープ、採りたてスナップエンドウのサラダ。
残り物も、ちょっと手伝ってもらっちゃいました。(一人では消費しきれなそうだったので…)

P5163551 - コピー

カレールゥは、沢山仕込んで冷凍しておいたものを使ってます。
P4113278 - コピー

手間と言われれば手間だけど、作ったほうがヘルシーだし、スパイスや味のアレンジもできるがいいなと思います。
時間はかかるけど、時間はいっぱいあるからね。

トマトソースやホワイトソースも、気が向いた時たくさん作っておいて、冷凍しときます。
P4113283.jpg

おいしいものが食べたくなったら、お金をかけずに時間と手間をかけて、基本おうちレストランです

わぁわぁと話している内に、いつのまにか時間がぎりぎりになってしまって。。
みんなを港に送るためにバタバタと出発。

離島式、各家庭ごとに、いろいろな出会いと体験があったことと思います。
みんなそれぞれに名残惜しく、最後に記念撮影したり、話をして別れを惜しんでいるようでした。
私も最後にみんなとハグをして別れました。

そして、全員がバスに乗り込むと、恒例の黄色い旗をふってお別れです。
P5163566 - コピー

元気でね。
みんなと会えてうれしかったよ~(^^)/~~

P5163565 - コピー





5月民泊(1)

先日、修学旅行の民泊で中学生が、うちに泊まりにきました。
昨年から大崎上島が力を入れている民泊事業。
昨年10月の高校生に続き、私は今回が2度目の受け入れでした。

数日前から、お布団干したり、部屋を掃除したり、ソースの仕込みをしたりと、少しずつ準備しました。

民泊受け入れ当日の朝は、近くの魚市場に新鮮なお魚を買いに行きます。
地物のイカを2つと、スズキを購入。アラもおまけにくださったので、あら汁も作ることにしました。

島に住んでますが、実は普段は野菜が中心で、あまり魚は食べません。
よって、さばき方には全く自信がない。
スズキは魚屋さんがさばいてくださっていたので問題なかったんですが。
い、イカが・・・・。

しかも
な、なにこのイカ。変な形。
P5143513.jpg

スルメイカの捌き方は、母がやってるのを見てたので、なんとなく想像できたのですが、これはコウイカと言われるイカらしい。頭に甲羅のような硬い骨が入っていました。
どうやってさばくのよー。( -_-)

困ったときにはYoutube先生の出番。

便利な世の中♪
見よう見まねで、なんとかさばき終わりました。
目玉とる時が一番戦慄でした。。(こ、怖かった・・・。)
P5143515.jpg

フライと炒めものにする予定。

1日目の夕飯

・お隣のおばあちゃんからの差し入れのそら豆の炊いたの
・スズキのお刺身
・島のおいしいお豆腐と、新玉ねぎとわかめのサラダ
・いかゲソとスナップエンドウの炒めもの
・春キャベツと油揚げの卵とじ
・畑のグリーンピースで豆ご飯
・スズキのあら汁

P5143519 - コピー

P5143520 - コピー

P5143521.jpg

とりあえず、柑橘シロップのペリエ割りでかんぱーーい( ^_^)/□☆□\(^-^ )

一日目は大概みんなちょっぴり緊張しているもの。
特に4種体癖の子は、緊張するとご飯が食べられなくなります。
これは「失礼」なことなのではなく、体がそういう風にできているということ。
無理に食べさせては、体に負担をかけてしまうので、無理して食べなくても大丈夫だよ、と言ってあげます。
1回目の民泊の時も、3種体癖の子はもりもり食べたけど、4種体癖の子はあまり食べられませんでした。
リラックスすると、4種はとたんに食べられるようになります。
2日目には慣れて、みんな問題なく食べられるようになりました。

よく学校では、「何でも好き嫌いせず、残さず食べなさい」と教えられますが、人にはそれぞれ、その人がもつ性質(ドーシャ)や、癖があるそうです。心理的要因による偏食は別としても、その人の身体の状態に合った欲する食べものを適量食べるのが、体にとって、また心にとっても重要なことだと、インドのアーユルヴェーダや、中医学的には言えると思います。
(食べられないものをムリに食べさせようとするのは、その子にしてみれば教育ではなく、拷問のようなもの・・・。)

3種体癖の私は、緊張すると返ってごはんがススムタイプ(笑)
もう一人の10ー5種体癖のKちゃんと二人でもりもり食べました。(笑)
みんなどれぐらい食べるかがわからなかったので、とりあえずいろいろ作り揃えてみました。
普段一人だとこんなにいろいろ作ることはないので、私も久しぶり~なごちそうでした☆
(自分でつくったけど)おいしかった~☆
あ、あと、3種体癖の愛情表現方法は「食べ物」ですからっ。
みんなに歓迎の気持ちを込めて、せっせと料理をがんばりました♪

二日目の午前中は家業体験。
ちょっぴり雨模様でしたが、みんなに(なんちゃって自然農な)畑の説明をして、レタスやニラ、カモミールを収穫してもらいました。
P5153524 - コピー

お買い物がてら、近くの灯台によりました。
雨で景色が霞んでいたけど、それはそれで、趣深くて綺麗でした。
P5153525 - コピー

P5153526 - コピー


2日目のお昼は、自家製パンに好きな具を乗っけて食べる、オープンサンドビュッフェ形式に!

P5153527 - コピー

・鶏ハム
・採れたてレタス
・お隣に頂いたシシリアンルージュトマトを使ったチリコンカン
・トマトサラダ
・ニラ入りスクランブルエッグ
・ジャム各種
・(自家製)ニホンミツバチのはちみつ
・カモミールティー
・栗のポタージュスープ

P5153529 - コピー

P5153531 - コピー

これがなかなか楽しいんだよね。
一度やってみたかったのです。
自分でパンを焼けるようになって、ほんとによかったなって思います♪


午後、みんなは櫂伝馬の体験に行きました。
その間、掃除して~、夕飯の準備して~、ちょっとお昼寝して~

たら、リクリエーションに遅れちゃいました。
「探したのにいなかったでしょ~!」
って、遅れてったのバレちゃいました。(笑)

すまん。許せ。(・ω<)☆

2日目の夜ご飯は
・イカと新玉ねぎのフライ
・千切りキャベツ
・ひじきと新玉ねぎとカリカリ油揚げのサラダ
・じゃがいもとスナップえんどうの炒めもの
・そら豆のグラタン
・豆腐のお味噌汁(味噌自家製)
P5153536 - コピー

フライは、うちの畑でとれたレモンをたっぷりかけて頂きます!
レモンが好きでそのまま食べるツワモノ女子、K。
まさに島の美味しさ丸かじりやね。
みんなにもやたらと勧めるので、トライしましたが、やっぱすっぱかったーーー。

更に、8ー4体癖女子Mが、本領を発揮しだすと、彼女が真顔で繰り広げるユーモアに、その場は一気に飲み込まれていきます!(8種体癖はユーモアのセンスがあるのですが、それが大概斜め上なのです。笑 予想できなさすぎてほんっと面白い!!!笑)それを静かに微笑み見つめる10ー6体癖のA(←はじめ本人には4って言ったけど、多分6じゃないかと見ている。)
笑い声の溢れる楽しい夕食でした♪

夕飯の後は、お月見に夜のお散歩にでかけました。
ちょうど満月の夜でした。少し霞がかった月が、瀬戸内の景色を柔らかく照らしだしてとても綺麗でした。
今時期、みかんの花が咲き始めたので、そのなんとも言えない甘い香りと、森の深く豊かな匂いが風に香る素敵な夜。


そして、その中を食後のスナックをボリボリ食べながら歩く中学生女子達。

「ほら!花のいい匂いだよ!」って言っても

「ポテロングの匂いしかしない~~ww」

なんで今ポテロングだよ!とツッコミをいれつつ。

帰る?と聞くと、「カロリー消費するためにもうちょっと歩く!」
という彼女たちに、じゃあポテロング食べるなよ!という指摘はさしたる意味があるはずもなく。w

楽しい夜は更けていきました♪

(続く?)

原発20キロ圏内に生きる男 - Alone in the Zone


ひろぱんパンを焼く

ひろぱんの「ぱん」はパン屋のぱんです。

実家がパン屋なのです。

それを大学入学したての頃、友達に話したところ、ひろこ(本名)+ぱん=ひろぱんと呼ばれるようになり、そのまま定着してしまいました。あだ名のつき方なんてそんなもの。(笑)

ひろぽんじゃないよ。ひろぱんだよ。

子供の頃から親がぱんを焼いていたので、家にはいつもパンがありました。(売るほどね。)

私は高校から家を出て下宿生活をしていましたが、その頃から実家に帰ると母は欠かさずパンを持たせてくれ、なくなった頃には宅急便で送ってくれていたので、パンをわざわざ買うということは、あまりしませんでした。(今思うと、ありがたすぎてじ~んとする。お母さんお父さんありがと~~!)

震災後、仕事をやめて、父のパン焼き補助を半年ほどやっていたことも。
助手、というには、イースト入れ忘れて発酵しなかったり、菓子パンの配合間違えたり、レーズンパンにレーズン入れ忘れたり(笑)それはそれは使えない助手でしたけどね(笑)

毎日父と仲良く喧嘩しながらぱんを焼いてた時がちょっと懐かしい。w


島に来てからは、初めてパンを買うようになったのですが、最近友達の家に遊びに行った時、彼女がホームベーカリーで焼いたというパンを食べて感動。

初めて、自分でもつくってみよう!と思い立ちました。

でもホームベーカリーないしなぁ。
手でこねるのも大変だし、オーブンもないし~。買うのもなんかなぁ。(←こういう時の財布の紐は固い。笑)

と思ってうだうだしてたら、ある人が使っていない古いホームベーカリーをくれました!!!(やったーーー!)

とてもついてます!(・∀・)♪

早速、使ってみました!

初めてホームベーカリーなるものと対面。思ってたよりちっちゃいのね。

こんな少量の生地がくるくる回ってる様子が可愛くてときめきました!
きゃ~~♪おままごとみたい~~~♪ヾ(*´∀`*)ノ(いままで普通に9キロとかを仕込んでいたので。)
P5033472.jpg

全自動でどうやってパンが焼かれていくのか興味津々でした。


最終工程。ホームベーカリー前で体育座りで待機!!!
こう、窓がついてるのが嬉しいです。
P5033480.jpg

だんだん膨らんできて、うきうき。家中幸せなにおいがしました~~~♪
こういうアロマオイルあったら売れるんじゃないか。


じゃじゃーん。こね棒の跡がそのままヘソのよう。
P5033485.jpg


最も戸惑ったのが、これ。
P5033483.jpg

…あれ?私何か間違った??(説明書を確認)


そうよねぇ。そうだよねぇ。こね羽もとらないでそのまんま焼くんだもんね。
こうなるよね。(間違っていませんでした)

最近のホームベーカリーではどうかわからないけれど、こう、コネ羽まで一緒に焼いちゃう、みないな発想が、自分の中で斬新過ぎて逆に楽しくなりました。

気に入った!!!

P5033486.jpg

昨日2回めを焼いて、まずまずな出来ばえ。でも、前回同様ちょっとこね過ぎてる感じがしました。耳の食感がいまいち。機会の設定なので変えられないのが残念。配合とかでなんとかカバーできないかなと考えています。要研究!!


続けて、お次は天然酵母。

なんとホームベーカリーをもらった同じ日に、友人が種をくれました!!(奇跡)
粉と水だけで、冷蔵庫に入れておけばオッケーという代物。
なんて手間いらず!
実家もホシノ酵母で天然酵母を作っていましたが、見てるとその工程はちょっと面倒に思えました。手もかかるので焼くのは週2回程。)

酵母のために温度を気にしなくていいのが助かるなと思いました!!

こねるのだけホームベーカリーにお願いして、冷蔵庫でオーバーナイト。
朝。オーブンはないので、オーブントースターとアルミホイルを駆使して焼きました!
P5043487.jpg
おお、ちゃんとパンっぽい。
意外とできてしまうもの。

白状しますと、実はこれは2回め。
この前にやった1回めは失敗して、パンではなく、餅のようなものができました。
種の発酵が甘かった模様。。

2回めはそれを踏まえて、きちんと種が起きてることを確認し、トライ。
形はいまいち。でも味はいい感じ!!もっちもっち!!でも私の好みからするとちょっと、もちもちすぎる気も。
スライスしてトーストしなおしたら、かなりいい感じに。

P5053491.jpg

オニオンスープとトマトの味噌サルサソース(オリジナル)と一緒に♪
うまーーーーし!!(*・∀・*)

リッチな朝(昼)食になりました♪

今朝3回めの天然酵母。

P5073500 - コピー

今度は配合も変えて、焼き方も変えて、かなりいい感じに。
冷蔵庫でオーバーナイトすればいいと教わったけど、早めに出して室温に戻してから焼くことにしました。

いいいい。いい感じ。かなりいい所まできた気がします。



それなりにうまくできたので、ひとつ友達のお見舞いに持って行くことにしました。

今年も家の前のさくらんぼが豊作♡
P5053495 - コピー


P5053494 - コピー


たくさん摘んで、ぱんと一緒に♪
P5073503 - コピー

島で出会った気の合う大切な友達。いつもとても良い刺激をもらっています!尊敬する大好きな友人の一人です。

http://kawashigotostitch.jimdo.com/ブログ/

はやく元気になってもらって、また一緒に遊びたいなぁと思います♪







春の味覚!!

島では緑も濃くなって、だんだんと初夏の装いです。

ちょっとだけ名残惜しいので、完全に夏が来る前に、春のできごとをもう少し書いておこうかなと思います。

島に来てまる2年が過ぎましたが、ここに来て毎年かかさずにつくっているものが、桜の塩漬け。

今年も八重桜が咲き始めた頃を見計らって、花びらを取りに行きました。

P4153354 - コピー

これはここに来て初めて見たのですが、八重桜の一種。ピンクではなく、黄色がかった白に、グリーンの色が混ざっています。
昨年は恐る恐る少しだけ摘んで帰って漬けてみたのですが、なんだかこちらのほうが香りが強いような気がしました。

今年は少し多めに摘みました。

もちろんピンクの八重桜だって。
P4143325 - コピー


塩漬けにするなら、本当は完全に開ききっていない桜がベストなのですが、今年はちょ~~っと来るのが遅れてしまい、結構全体的に満開状態。(お花見としてならバッチリでした!)

P4153355 - コピー

摘んで帰って、数日間塩につけて水気を出し、2時間ほど陰干しして、こんどは梅酢をふりかけて数日間漬け込みます。

干して塩でまぶして保存すれば、1年以上問題なく使えます。
最近のマイブームは桜の塩漬けのせた蒸しパン。

昨年漬けたものを使い、友人達とのお花見にも持って行って、好評でした!(八重桜は普通の桜より遅いので、その年のものはお花見には間に合いませんのでね。)
↓お皿に大きく作って、それごとつつんで持ってきました。その場で切り分けてみんなで楽しく食べます☆(豪快??)
DSCN2793 - コピー


八幡神社は島の中の桜の名所!!
こ~~~んなに綺麗な桜の景色を、人混みに揉まれることもなく、陣取り合戦することもなく、の~~~んびり見て楽しむことができます。こういう時、この島が過度な観光地化がされていないことを、住んでいるものとしてありがたく感じます。
DSCN2799 - コピー

DSCN2800 - コピー
友人との会話をしながら、ミツバチの羽音や、遠くの小鳥のさえずりが聞こえてきて、とても優雅なお花見です。

そして春は筍の季節でも。(食べることばっかり)

この時期になると大抵どこからともなく、人から頂く機会があります。
ありがた~い!

P4103243 - コピー

このために薪ストーブを買ったといっても過言ではありません。
P4103245 - コピー

筍の処理をするとなると、土がたくさんついてるし、かなりのゴミが出て、家の中のキッチンではちょっと大変。

でも、こうして外キッチンをつくったら、薪でお湯をわかすうち、近くの水道で泥を落としながら、皮を向いて、そのままゆでることができます。皮は、まとめておいて畑のコンポストへ。

鷹の爪と糠と一緒にゆでてアク抜きし、水で晒したら下処理はOK!
P4103248 - コピー

自分でもたまに不思議に思うけど、こういったことを、苦もなく楽しんでできるのは、やはり小さい頃から母や祖母がやっている姿を見せてもらってきたからかもしれません。今どき一般家庭では、筍や山菜の処理などはあまりする機会もなく、水煮になったものを使うが普通になってるのかも。

季節のそういった台所仕事を、ずっと見て、食べて育ってこれたのは、とても幸運だったなぁと思います。

下処理した筍は、煮たり、天ぷらにしたり、炒めたり!いろいろ使えてとてもおいしい!!
昨年から増えたレパートリーは木の芽和え。

山椒の新芽をとってきて・・・
すり鉢ですりおろし、麦みそとお酢でタレをつくり和えます。簡単!!
P4223424 - コピー
山椒のとってもいい香り!!
P4223430 - コピー

春を十分満喫したのでこれでいつでも夏が向かえられそうです!!(その前に梅雨)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。