スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の冬

島では雪が積もることはほとんどありません。タイヤをスタットレスに替えなくてもいいのはありがたいです。
北国の冬は静かで、美しいけれど、雪かきに、燃料の準備など、何かと大変な部分も。
家の傷みも早いので、修繕費やらなにやら、何かと維持管理にお金もかかります。
ちょっとゆだんすると水道管が凍結して破裂しちゃったり。

今年の冬、福島の裏磐梯は、この時期にしては積雪量が多い年のようでした。
P1022706 - コピー

ブルドーザーが出動して雪をかいていきます。
PC122659 - コピー

道で遭遇して、おろおろ。(ちゃんと通してもらえます)
P1052776 - コピー

手伝いの合間、時間をもらって地元の好きなビューポイントを見て回りました。

磐梯山に彩雲がかかっていました。
P1032716 - コピー

冬の木立。
P1052768 - コピー

子供のころ、春先に雪が締まると、犬と一緒にどこまでも歩いて、そりを持って遊びまわりました。
冬の夜は、月が出ると、光が雪に反射して、あたりが不思議な明るさに包まれます。
雪がきらきらして、とてもきれいで、やはり、そんな夜も犬と一緒に木立の中を歩いて散歩しました。
冬しか来ることができない、秘密の場所を私たちは、いくつも持っていました。

ウサギやキツネに出会うこともしばしばでしたが、最近ではキツネを見ることがほとんどなくなったと、両親が言っていました。

野生動物が減ってしまうのはとても悲しい。
P1052772 - コピー


P1052742 - コピー
冬は雪のおかげで、放射線量がぐっと下がります。
ここは半年近く雪に閉ざされてしまうので、それが救いだと、ある人は話していました。


ふと、桧原湖が見たくなりました。
夏場はキャンプ場になっています。
ここにも自転車に乗ってよく遊びに来ました。
P1052748 - コピー

湖面を吹き渡ってくる風があまりにも寒すぎて、震えながら撮ったので、斜めってしまいました。
この上を歩いてわたることもできます。厚い氷に穴を開けて、冬はワカサギ釣りに全国からたくさんの人がやってきていました。一時は700ベクレルという高い数値が出て見合わせられていましたが、震災の次の年くらいからはすでに解禁されていました。今年も“そんなに高くない”とのことで、例年通りワカサギ釣りできるんだそうですが…。


P1052760.jpg
P1052755 - コピー

このあたりは、完全に観光でなりたっているので、人が来なくなれば、くらしていくことはできません。
「風評被害」は致命的です。
今は東電から保証が出ているそうですが、それもいつまで続くのだろう。
何より「風評被害」が本当に「風評被害」で終わってくれることを祈りたい気持ちです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。