スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私として2012年

今年、2012年も残すところあと2日となりました。
やー、すごい1年だった…!

ふらり一人移住先探しの旅に出て、あれよあれよと言う間に、人に出会い、家に出会い、移り住んで、何もかもが初めてで、試行錯誤しながら一日一日暮らして、生きて、不安や、落ち込むこともあったけど、島の綺麗な景色や、自然、いろーんな人に元気をもらい、ものすごーく充実した幸せな1年でしたー。(涙)

みんなアリガトーーーー!ヽ(;▽;)ノ

思い切って行動してよかったー。もう、ほんとよかったーー。
この1年振り返って、不満全くありません。100点満点中5000点あげちゃいたいぐらいです。自民党は勝ったけどね!!(笑)

いろんなことはあったけど、それでもすごくいい1年でしたー。たとえ明日死んでもぜんぜん悔い残らないわー(*´▽`*)笑


お金はないしー。
彼氏もいないしー。
家族とも遠くはなれてしまったけれどー。

なーんにも不満が思い浮かびません。(やせがまんじゃないよ。笑)

「シアワセ」っていうのは、外側の条件が決めるんじゃないんだねーってことが実体験から断言できます。

シアワセになるのも、ならないのも、結局自分次第。
その状況をどう受け取るか。
それを、どうクリアしてくか。

欲しいものばかりを追っていたらキリがありません。
ないものをないと嘆くより、既にあるもの、持っているものの豊かさに気が付くべきです。

本当の意味で人が「成長すること」っていうのは、何かを得とくしてくことではないと思っています。
新しいスキルを身につける、才能を得る、人や社会からの評価を得る、そういうことを「大人になる」とか「成長する」ことと勘違いしている人が多いように感じます。

本当に成長していくこと(大人になる)ってことは、逆に、そういうものがどんどん「いらなくなる」ことなんじゃないかと思っています。
本当に精神的に成熟した人は、そういうものは必要としなくなるんじゃないか。
何かそういったものを得たいと、求めている心が自分の中にあるなら、どうしてそんなものが必要なのか、よくよくその根をたぐっていく作業をしてみたらいいと思います。(自己カウンセリングしてみる)

そうしていくと、必ずといっていいほどインナーチャイルドだったり、自分自身の未成熟な感情、欲求に行き当たるはずです。

大学のとき、フランス人のゼミの先生が、「日本は子供の文化だ」と言っていたのが印象に残っています。古くからある伝統文化のことではなく、現代日本のカルチャー、社会を指しているのだと思います。

本当に、その通りだなと思います。
多くの大人が精神的に子供(不安)なんです。それが、表れている社会。
多くの人が社会的立場や、人の目、評価というのを、気にしすぎています。

模範解答ばかり評価されて育ったので、それ以外の答を出すことが恐いんです。
そもそもそんな教育自体がオカシイと思うけど。

だから、多くの人はまわりの様子を見て、大多数が選ぶものを回答として選択します。
その中に入っていれば、人から非難されたり、責められたりしないから、とりあえず安心なのでしょう。


社会的拘束。一般常識とか、体裁とか、そんなものに縛られてたら、ぜんぜん自分を生きられない。
本当に大切なことすら見失ってしまいます。(放射能は危険だと思ってるのにつまらないことに捉われて逃げられないパターンとか…)

人は規格品じゃないから、さまざまなスタイルがあっていいものなのに、どうして多くの人が、そんなカチッとした社会的規格の中に、むりむり収まろうとしてるのか、まったく理解できません。
それで病気になる人までいるのに。

「そうならなければ」という意識が、日本人は特に強いせいもあるのかもしれません。

「父親として」「母親として」「教師として」「社会人として」「男として」「女として」…etc

常識を知らないことが恥ずかしいことだという人もいます。そんなことも知らないのかって。
常識を生きない人を非難する人もいます。アイツは変わってるって。

でも常識や一般論なんて、国や時代が変わればあっという間に非常識です。

そんな不確かなものに翻弄されるぐらいなら、自分の中の真実に従って行動し、生きた方が、よほど人生は豊かなものになる。私はそう思っているし、そんな風に生きています。

私は、「何かとして」ではなく、ただシンプルに「私として」毎日を生きていたら、それが私の「シアワセ」です。
2012年は本当に「私として」生きることができたので、これだけ充実感を得ることができたんだなぁと思います。

方向性もきちんと定まっておらず、なかなかに気まぐれなブログでしたが、読んでくださった方々には心から、感謝いたします(*^^*)
来年は、読者の方の実生活にも何かお役に立てるような情報も充実できたらいいなぁと思っています。(できるかなぁ。笑)

ここまでお付き合いくださりどうもありがとうございました!

お正月は島で過ごす予定です♪
皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいませ♪

PC061128.jpg
スポンサーサイト

キーウィ

畑にはキーウィの木があります。
昨年豊作だったせいか、今年はあまりなっていませんでしたが、大きくて立派な実が収穫できました♫

PC061125.jpg

うぶ毛が光ってますね!
PC061124.jpg


PC061137.jpg


りんごと一緒にビニール袋に入れて密閉しておくとエチレンがまわって甘くなります。
追熟にはみかんでもいいらしい。

12月17日夕焼け寺ちゃん活動中 コメンテーター岩上安身 (一部文字起こし)

自民党政権の過半数の議席確保がいったいどういうことなのか、私たちはいったいどんな「未来」を選択してしまったのか、そしてこの現実を認識している人はいったいどれだけいるのでしょうか。

12月17日文化放送「夕焼け寺ちゃん活動中」の中で、岩上安身さんがわかりやすく伝えてくださってます。一部文字起こししました。



Video streaming by Ustream


32:00頃からの岩上安身さんのコメント

[ニュース本音と建前]

コメント文字起こしはここから

「政権奪還!自民党の政策を考える」

T(寺島アナウンサー):「改めて今回の衆議院選挙、いかがですか。」

I(岩上安身):これはですね、「大変なことが起こった」と思うんですけれども、その「大変なことが起こった」ということを国民がほとんどまだ自覚してないだろうし、それから、大変なことを「起こしてしまった」。

一票投じた、あるいは投じなかったことによって、この状況を生み出したんですけれど、自分が何をしたか分かってないと思いますね。これはえらいことです。


T:「それはどういうことでしょうか。」

I:つまり、単独過半数を自民が持ちですね、更に協力する公明党や維新がいて、民主党もいろいろな細かいことは言ってもそもそも消費税増税で賛成してること考えるとですね、400を超えるわけですよ。
3分の2どころじゃない。

T:はい、480の議席の400。

I:400をはるかに超えるわけですね。
で、対立するであろう政党がですね、軒並み一桁ぐらいしかとれてない。未来とか、社民とか、そういうところがですね、もうほとんど、抵抗勢力と呼べる抵抗力を持ちえなくなってしまった。なんでもできる!通常の政策はもちろん、通常の法案はもちろんですけれど、憲法の改正ができる。

早速それを言い始めてますし、昨日(2012年12月16日)の夜の時点から、ガラッと世界はですね、新しい世界に入った。新しい現実に入った。日本は新しい現実に入った。

この選挙結果に「おもしろくない」あるいは「投票に不正があったんじゃないか」いろんなことを言う人がいますが、どうあれこれが日本の現実ですから。
もう、ちょっと、悪夢のような話ですけど、この現実からスタートしなくちゃいけないってことですね。
憲法改正というのは、あくまで抽象的な議論だったような気が、ずーっとしてきたわけですけど、そうではない。本当に、変えられていくと。

そして戦争を遂行される体制、それだけではなくですね、国民の基本的な人権、自由であるとか、民主主義であるとか、権利というものが、かなりの程度制御される。
とくに非常事態を宣言されたときにはですね、国民の公民権のようなものを提示されて、体制に従わなきゃいけないという状況が現出される可能性がある。それは大変なこと、ですね。ファシズムが可能になったってことです。


「ファシズムが可能になった」ということ、これが難しいところ。つまり大日本帝国みたいなもんだろう、ナチスみたいなもんだろう、っていう考えの人が多いんですけど、これは、あのころのナチスも、大日本帝国も、主権国家でした。ところが日本ははっきり言って主権国家ではありません。従属国です。
米国の従属国です。で、米国の描いたシナリオ通りにここまで運んできてしまったんですね。


そうしたら、いったい米国の従属国でありながら、ファシズムって何?
そんなもん聞いた事ないって考えてみてたんです。そしたらね、韓国における、チョンドファン政権、つまり、軍事政権がありました。だけれども、冷戦態勢下でですね、北朝鮮とにらみ合いながら、軍事国家、で、基本的にはアメリカの配下にあるんですよ。
そのイメージが近いのかなと。

だから、我々一般の国民がものを言って、日本の運命を決めていくっていうその権限が著しく制約されると思うとともに、じゃあ、我々の国のエリートが、我々の代表としてですね、日本の主権者としてこの国の命運を決めるのかというと、そうではなくてですね、アメリカの都合のいいように運ばれていくだろうと。
ものすごく、こぅ…考えるとですね、ブルーですね。…うん。

T:岩上さんおっしゃるように例えばその憲法改正案の66条の2項っていうのがあって、「内閣総理大臣および全ての国務大臣は文民でなければならない。」これが、「現役の軍人であってはならない」に、変えられるのではないかと。

I:変えられるんですね。というのが自民党の草案のなかにあるんですけど、自民党の草案この通りにいくかどうかは別なんですけれども、でももうこれだけ自民党が圧勝してしまえば、この「変えてください」ということの話し合いをする制勢力がないですから、このとおりになると思うんですけど。

T:これ「文民でなければならない」が「現役の軍人であってはならない」に変わるとどういうことが起きるんですか?

I:つまり文民統制からですね、軍人が政権のトップに立つということが可能になるということですね。
事実上の軍人。


T:あ、現役でなければいいってことか。

I:退役軍人であればいいわけですよ。
あるいは、一時的にもうこの場合「軍」と呼んでしまいますけど、自衛隊ではなくてね。あるいは国防省ということではなくて。もう「軍人」と呼びますが。
その軍人の中から、制服組の中から、しかも国防軍と名称を変え、交戦権を持ったその「軍人」が、離脱してなることができるし、退役してなることができるだろう。
一種、半ば冗談っぽい話ですけど、田母神俊雄さんが総理となって,三貫を指揮するということが理屈上可能ですよね。田母神さんは、今現役の軍人ではありませんから。

T:これは何を自民党がやりたいってことなんですかね?

I:だから、軍人が直接指揮をする国家ということですよ。
軍人が、軍事組織ではなくてですね、事実上の軍人が、国家を組織する。
要するに軍国主義。日本は、戦前・戦中、途中からですね、文民政党政治というのをほぼ機能停止してしまい、、海軍大臣、陸軍大臣というような人が総理に繋がっていくような時代がずっとありました。
今の日本というのはシビリアンコントロール(文民統制)というのが前提にありますから、文民が就くこと以外ないんですけど、軍人が就くことができるということですよね。

一番恐いことは、やっぱり非常事態法ということは、可能になるということなんですよ

T:今岩上さんから説明受けてますけど、じゃあいったいこれから何がやりたいんだ?

I:戦争ですよ。何やりたいって戦争以外ないですよ。そして、いわば国民が自由であった民主主義的な手続き、つまり、面倒な手続きをして、平和でありたいと願う人がいて、戦争はNOだという人がいて、原発はやめるべきという人がいて、つまり反対者がいるという状態が、民主的な状態ですよね。でも反対者に「黙れ」と言うことができる。あるいはそういう発言もさせない。言論の自由を制約してしまう。そういうことを可能にしてしまうということですよ。


だから、お国が決めたんだったら、一億一心になって、そっちの方向向いて、命令一回動けと。そういうことが可能になってくるということですよ。何をしたいんだって、あれをしたいんですよ。

T:そうやって備えておけば、外に睨みが利くと思ってるんですか?

I:いいえ、違います。そんなまさか。睨みが利くんじゃなくて、むしろリスクを呼んで来るわけですから。睨みが効いてないもないというんではなくて、行うんですよ。

T:これはやっぱりアメリカも?

I:ええ、もちろん。アメリカはずるいんですけどね。こういう方向に背中を押しといてですよ、今アメリカは別のサイドから、日本はウルトラライトになったと。

全世界が今、トップニュースでみんなそれですよ。

昨日ヨーロッパのうちのIWJの通信ががツイッターで送ってきたのは、ドイツのテレビが画面の一面に日の丸。その日の丸の中心が、核のニュークリアのマークなんですよ。

これー、あーなるほどね、「大日本原子力帝国」っていう表象ですね。
つまり原子力ムラの権力によって、日本がさらに軍事的な右傾化も目指したということ。それを前提とする、憲法改正して、極めて軍国主義的な方向に向かうということを鮮明にしている政権を、圧倒的多数で日本国民が選んだ。
日本はとてつもない危険な政権選択をしたということはですね、世界は見てるんです。


で、日本人はですね、うすぼんやりと、何に投票したかわかってないと。
何に投票したか分かってないって言うのはね、すごく驚くのが、東京新聞が出口調査したんですよ。
そしたら、脱原発はいまだにこの時点で世論の6割だって言ってるのね。どういうこと?!
つまりですね、原発はないほうがいいと思ったんだけど、自民党に入れたって言う。
自民党に入れたって言うのはいったい何で?景気を良くしてくれるんじゃないかと。

それから、増税とか、減税とかいうテーマ。だけど、自民党は増税したんだよと。いったい今まで何を見てきたの、という感じなんですよ。

これはね、選択として民主党と自民党しか見せない。あと維新というのを見せて、要するにそのほかのリベラルがあるって事を見せなかった。ようするにあのメディアの世論誘導はすさまじかったってことですよ。
第三極でも維新の50を超える議席というのは、あきらかに自民、民主だけじゃないと、維新もあるぞということを示していた。だからこれだけ票もいったんだということですね。

従って、テレビ新聞が毎日毎日話す中にですね、選択肢を提示しなければ、もう日本国民は、その選択し以外のものに、手を出さない。心の中では違うこと考えてるのに、それが票に結びつかないという、情弱な国民であるということが鮮明になったんじゃないですかね。

ネットと全然違いましたでしょ?我々も実に、ネットの力というのは非力であると。わかっている人たちは沢山いるんですけれども、私たちのネットメディアを支えてくださっているような市民の層は、まだ薄い。
まだまだ必死さも足りなかったという風に思いますね。



A-RKF0vCUAEDEto.jpg

転載:ツイッター

nicomeguide ratatouille 12月17日 今ドイツARDのニュース見てるんだけど、日の丸の中に原子力のマークが。。。 pic.twitter.com/WjlrmP1N
詳細

結果

選挙結果出ましたねー。
いやぁ。
ものすごいことになっちゃって。
ちょっと予想はしてたけど、やっぱり結果見ちゃうと

ぽかーん(○ロ○)。。。。

どーしてなんだ、みんな。。
どうなるんだ、日本…。。

シャンティフーラの時事ブログより転載

[東京新聞]自民290超 政権復帰 維新含め改憲派3分の2

転載元より抜粋)東京新聞 12/12/17


東日本大震災後、初めての大型国政選挙となる第四十六回衆院選は十六日、投開票が行われ、自民党が単独過半数を確保。公明党と三年ぶりに政権復帰することになった。自公の議席数は参院で否決された法案を再可決できる三分の二(三百二十議席)を超えた。民主党は五十議席台の惨敗を喫し、二大政党の体制が崩れた。

1355737260_84645.jpg


2点目

脱原発 世論6割、当選3割 3大争点すべてズレ
転載元より抜粋)東京新聞 12/12/17

 衆院選では、原発政策とともに大きな争点だった消費税増税や憲法九条でも民意と選挙結果に隔たりのある結果となった。

 原発では、世論の約六割が原発ゼロを訴えていたが、東京の二十五選挙区でも自民党候補が続々と勝利。

 消費税増税について世論調査では反対が55・6%で、半数を超えていた。

 消費税増税は民主党と自民、公明両党の三党の枠組みで決めた。結局、増税勢力が多数を占めた。

 憲法九条は、世論調査では改憲反対と賛成が拮抗(きっこう)していたが、選挙結果では改憲し「国防軍」を明記すると主張した自民党が勝利。
1355736035_83819.jpg




不正選挙を疑う記事
もありますが、そりゃ疑いたくもなります。

でも、これが現実なんですね。ほんと、ちゃんと受けとめたいと思います。(しょぼーん。)

宇都宮けんじさんも負けちゃうし。。

太郎さんも相当心労がたまっているご様子…。

(再度しょぼーん。)

いえ!!!最後まで頑張ってくれた方たちに、心からの敬意と感謝を捧げたいと思います。

政治以前に…
日本人が抱える潜在的(心理的)な傾向性の問題をなんとかした方がいいのかな。

・ブームに乗せられやすく、流されやすい。(または乗ってないと不安)
・印象操作されやすい。
・自分自身の考え、感覚よりも、本やその人が尊敬する人物から得た知識や情報を飲んで優先し、それが自分の考え だと錯覚してる。(自分は物知りだと思う人ほど、ものを知らない。)
・正直者、まっすぐな者を非難する。(鼻で笑う)
・枠の外にはみ出ることを恐れる。
・無知(本当に必要な情報が入らない)

これからの社会はちょっと大変になるのかもしれないけど、日本、世界の動向を注意深く見ながら、とにかく、私は私にできることを、続けて行きたいと思います。

がぜん。これからもアウトサイダーでいてやろうという意欲が湧いたひろぱんでした。(笑)

冬の晴れた日 白菜漬け♪

ひさびさの島ごはんシリーズです。^^

今日は昨日一昨日の、雨模様とは打って変わって、よく晴れてぽかぽかと暖かい一日でした♪
絶好の投票日和でしたね~☆
そしてここ数日、お日様が出るのを待ってたんです~!!

地元の商店で大きな白菜(愛媛県産)が安く売っていたので、二つほど買って、冬の保存食、白菜漬けを作ることにしました♪

祖母、そして母も毎年自分で漬けており、私にとって小さい頃から慣れ親しんだ、母の味です

うちは、「食べること」に関しては、たぶん、結構こだわる家系(笑)なので、ほとんど手作りが当たり前でした。
「ほんとうにおいしいもの」を食べるためには、手間と労力を惜しまない(笑)

糠漬けに、白菜(または山東菜)漬けに、梅干、そして日々の食事と、昔から祖母や、母が、何かと一から作っている姿を見て育ちました。
祖母や母(父も)思い浮かぶ姿はいつも割烹着、エプロンを着て台所や調理場に立つ姿です。

ずっとそういう姿を見てきたし、手伝って(手伝わされて?)もきたし、自分で手作りすること、それが当たり前だと思っていました。

何よりも、手作りの味を覚えてしまうと、既製品に満足できず、違和感を感じてしまうことがあります。
現在の加工食品にはほとんどの場合、アミノ酸(化学調味料)が添加されているので、うまみ成分は強いですが、どうしても「既製品の味」になってしまいます。。。

また、アミノ酸調味料に舌が慣れてしまうと、食材本来がもってる繊細な味(おいしさ)が分からなくなってしまうんです。そして、つい、また同じものを求めてしまうという中毒性もあるようです。こちらもご参考に。

既製品では絶対に真似できないものが、手作りにはありますよね♪
この白菜付け、浅漬かりでもおいしいですが、うちではちょっとすっぱくなった古漬けの方が好みだし、断然美味しいとおもいます!!これはまず売ってないので、食べるには自分で漬けるしかありません☆

塩抜きをして、細かく刻み、油をしいたフライパンで、鷹の爪と炒めて醤油で味付けすると、ごはんがすすみます!お茶漬けにも♪(お腹空いてきた。笑)

さて、母が漬ける姿を見てきましたが、実際一から自分で漬けるのは初めて!

電話でつくりかたを確認し、早速仕込み開始です♪

白菜は大きめだったので6等分して(あんまり大きいときは8等分)、洗ってから、よく晴れた冬空の下、半日ほど天日に当てます。

PC161155.jpg

こうすると、甘みがぐぐっと増すんだとか。
あとは樽に多めの塩と鷹の爪(輪切り)、ゆずの皮を撒いて、白菜を収まりよく敷いて、交互に重ねていけば~。

こんな感じに。

PC161165.jpg

中蓋の上から重石をのせておけば、そのうち水が上がってきます。
本のレシピを見ると、「二度漬け」しているみたいですが、うちはそのまま一度漬けです。

重石がなかったので、今はとりあえず梅酒の入ったでっかい保存瓶を乗せてるけど(笑)明日は手ごろな漬物石探しに行こーーっと♪

いよいよ明日は投票日!

いよいよ明日は選挙投票日ですね!

ひろぱんは、前回記事にあったように、一足早く期日前投票に行ってまいりました!
この島で、福島からの移住者は私一人だけなので、役員さんも戸惑い気味でした(笑)

テレビや新聞だと、自民優勢みたいな報道になってるらしいけど、実際どうなるかしら。
こんなお話もあるけども。)
ふたを開けてみないと分からないけど、3.11以前と全く変わりない人たちがいるのも確かです。



それに、「原発はいらない」といっている方たちの中にも、どの党がどんなことを掲げてどんなことを言っているのか、ちゃんと理解してない人も結構たくさんいるみたい。
あと、年齢層が高くなればなるほど、先入観だけで、この党には入れたくないと思っていたりね。
印象操作に浸かってた時間が長い分だけ、新しい価値観とか、見方を受け入れるのは難しいのでしょうか??

でも、ちょっと今はそんなこと言ってる場合じゃないでしょーーー!!って言いたい。


それでも、以前より確実に、前に進んでいると思います。
気が付いて、目が覚めた人の数だけ、きっと世界は良くなっていくものだと思う。
メディアが、政治が、簡単に騙せる国民の数は確実に減ってきています。
この勢いだけは、決して止まらんでしょーー。

結果がどうあれ(諦めてるわけじゃないよ?)、今回の選挙はやっぱりたのしみだ



転載:[田中龍作ジャーナル]再稼働反対集会に小沢氏登場 参加者「マスコミ帰れ」の怒号

d61340ea5de5d0a2615c3f4b1a4e216e.jpg
自民党の大立者だった小沢氏が脱原発演説をする。時代が変わったことを象徴する光景だった。=14日夕、国会議事堂前。写真:島崎ろでぃ撮影=



マスコミ不信が一気に噴出した夜だった。新聞・テレビのカメラマンたちに向けて「帰れコール」が飛ぶ、前代未聞の事態となったのである。

 “小沢氏が金曜恒例の再稼働反対集会に来る”―― ツイッターで昨夜から情報が流れていたため、14日の集会はマスコミのカメラマンが大挙、国会議事堂前に集結していた。カメラマンたちは少しでも高い位置から撮ろうと脚立の上に立つのが習性だ。それも最前列で。

 カメラマンたちの体で遮られて、参加者はステージが見えなくなる。さもマスコミの特権であるかのような振る舞いに、反感を抱く人は少なくない。

 それを意識してか、スピーチ台に立つ参加者の多くは、マスコミを批判した―
 「パブコメでは国民の8割もが原発ゼロを望んでいるのに、マスコミの選挙予想では原発を3年以内に再稼働させる自民党が単独過半数を取るというのは、どういうことでしょうか?」女性は声を振り絞るようにして訴えた。マスコミのカメラマンが陣取る方に顔を向けながら。

 右傾化、原発再稼働…すべてマスコミが仕組んだと決めつける男性もいた。

 小沢氏がそろそろ到着する7時20分頃だった。目の前を遮るカメラマンたちに対する参加者のイラ立ちはピークに達した。寒いなか「小沢目当て」で来ている参加者にとっては肝心の小沢氏が見えないのである。

 「テレビカメラどかせ」「マスコミ帰れ」「日本をメチャクチャにしたのはお前たちだ」参加者から怒号が飛び交い収拾がつかなくなった。

 「カメラを下げてください。(参加者の)皆さんは早くから来て待ってたんです」。主催者はカメラマンたちに命じて脚立の上から降ろさせた。マスコミの特権が崩れた瞬間だった。

162f6519f3ac6d6555f7089c852d5c0e.jpg
さも当然であるかのように参加者の前に立ちはだかるマスコミのカメラマン。この日は人々の怒りが爆発した。=写真:島崎ろでぃ撮影=


歓声に迎えられて会場に到着した小沢氏が演説した―

「総選挙に入っても脱原発の声は広がっておりません。新聞・テレビで脱原発を争点から外している。これは日本社会の歪です。マスコミがそういう中に組み込まれている。こんなことが罷り通ったら日本は真っ暗闇になる…(中略)国会で脱原発を通すなら、脱原発を唱える議員が多数を占めなければなりません…(後略)」。

 集団リンチのように小沢氏を叩き続けたのもマスコミなら、原発安全神話を振り撒き、再稼働まっしぐらの自民党を政権復帰させるべく世論操作をしているのもマスコミだ。

 明日(16日)は衆院選と東京都知事選の投票日である。マスコミによる刷り込みを撥ね除けて、有権者の大多数が自分自身の判断で投票することを願う。

《文・田中龍作 / 諏訪都》





転載:東京新聞



[東京新聞]脱原発本気度 議員活動で検証

衆院選に向け、有権者のみなさんから意見を募集している「有権者発」には、最大の争点の一つである原発政策についての質問が多く寄せられている。そこで、本紙は前衆院議員たちが、原発政策についてどんな活動をしてきたか、着目してみた。 (衆院選取材班)

 「原発ゼロ」「脱原発」を掲げる政党が増えているが、党の政策とは別に、個人の判断で「脱原発」活動に参画する議員も少なくない。原発容認の自民党前職にも参加者はいる。これらの行動実績は「本気度」を測る判断材料となり得る。本紙がこれまで紹介した主な四つの活動の参加者をまとめた。

PK2012112302100043_size0.jpg



避難してても地元に投票!

実は、まだこちらに住所を移せておらず、(両親からの「待った」もあり。)私はこちらに選挙権がありません。
いままで選挙なんてほとんど、期待も感心もなかった一般的な(?)若者層に属していた私ですが、今回ばかりは流石に目覚めちゃいましたわよっ

このまま今の偉い人たちの思うに任せて物事を進められてしまったら、私たちはいったいどんな未来を生きる羽目になるのか、考えると背中が冷たくなる思いがします。

原発推進は絶対ヤダ!消費税増税もヤダ!TPP参加も反対!!その意志を表明するためにも
「これはもう絶対選挙に参加しないと!」と意気込んだはいいけれど、どうするの!選挙権あっち(福島)じゃない!強行突破で正月休みを15日からとるか!と、仕事もあるのに無茶もできず。どうしようかと一人おろおろ。。。

調べてみたらちゃんとありました♪
http://www.pref.fukushima.jp/senkan/46syuinsen/index.html

「不在者投票」なんて便利なものがあったんですね。
「そんなことも知らないのか!」って怒られそうなとこですが…。
すみません。知りませんでした。m(_ _)m
(過去それぐらい無関心だったことを反省いたします。)


「東日本大震災等の影響により、住民票のある(避難元の)市町村から他の市区町村に避難されている方」は滞在地(避難先)の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

とのこと!!!!

不在者投票請求書兼宣誓書を書いてから、郵送して投票用紙が届くのを待ちます。明後日には届くかと
福島から避難していらっしゃる方、面倒でも選挙参加しましょうね♪

あの震災後の混乱の後、社会の流れ、本当は何が起きているのかをちゃんと掴むために、意識的にアンテナを貼って来て、自分が今までいかに盲目的で、無知であったのかを痛感させられました。

まだまだ知らないことはきっとたくさんありますが!
知った以上は自分の生き方にちゃんと活かしたい。じゃなきゃ意味がありません。

そういう面でも、今回の選挙は私にとってとても意味のあるものだと感じます。
社会の問題のありのままの事実を知っていくと、自分とあまり関係ないと思っていたもの(政治や経済、そして遠い国で起きてる戦争も貧困も)それらと自分がリンクしてくるし、実生活にもリアリティが増してきます。

あんなになんの興味もそそられなかった選挙が、今ではものすごく(真剣ですが)楽しみに思えてきてしまうのですから不思議です(笑)
そんな自分の変容ぶりに、実家の両親も、そして私自身も驚いています…。

もし、まだ選挙が面倒だとお思いになられる方は、ぜひ今起きている出来事をテレビや新聞で受動的に受け取るのではなく、その見えない枠の外にある部分を、能動的に、自ら探し出してみてください。

きっと生きることがもっと面白くなるはずです♪

田中龍作ジャーナル

Indipendent web Journal

カレイド・スコープ

マスコミに載らない海外記事

シャンティ・フーラの時事ブログ

八木啓代のひとりごと

イスラエル支援企業リスト

ROCKWAY EXPRESS

…etc

広瀬隆「第二のフクシマ・日本滅亡」




広瀬さん全身全霊を込めた演説!


今回の選挙は大変大きな意味を持っていると思います。
山本太郎さんも言ってましたけど、今私たちはは本当に大きな分岐点に立っていて、これを逃したらもう後はないのかもしれません。

「原発ヒステリー」とかなんとか、いろんなこと言う人がいるけど、きっとその人たちは、原発事故のことを、当事者としてではなくて、ものすごく遠くから見てる、他人事でしかないんだと思う。
福島が今どんな状況にあるのか、そしてこれからいったいどんなことが起ころうとしているのか、頭でしか物事を捉えていないのではないでしょうか。
そんな人は実際に福島に足を運んだらいい。福島に住んでみたらいい。

そこにどんな「悲しみ」があるのか。どんな「不安」があるのか、実際に体験してくればいい。

テレビやパソコン画面越しでは絶対に伝わらないものがある絶対にあるんです。
計算するのはパソコンにだってできるけど、人間はそんなに単純じゃない。
この世界に、社会に住んでるのは、機械じゃない。

原発を止めようとしない、できない理由はいつも機械的で冷たい言葉。
あらゆる数字や、利権を計りにかけて、算出された、冷たい言葉。

そんな言葉を話す人の目は、いつもどこか虚ろで、もの悲しい。






みかんの収穫

オキウラの自宅近所にある畑のみかんもぎをまかされて、毎日黙々とみかんもぎをしています。

この畑から見える景色がまた絶景だったりします。

PB301098.jpg

刻々と変化していく海と空。
PB281095.jpg

みずみずしいみかんさん。
PB301103.jpg
たわわわわわわ…。
PB301108.jpg
これを一人でもぎきるべく、頑張っているのですが、作業の合間に見る景色があまりに美しかったり、黙々と作業に没頭してくると、作業がとても面白くなってきたり。

なんだかとても静かで平和な日々です(‐v‐)

山本太郎氏(脱原発の新党『今はひとり』結成)記者会見

彼は本当に真剣であり、まっすぐに真実を直視している人なんだなというのが伝わってきます。

ちょっとこの人とくらべてみてください。

Video streaming by Ustream

戦う老人!飯山一郎さんのブログより転載。

会見文字起こしここから

こんばんは 山本太郎です よろしくお願いします 今回、新党を立ち上げます 
自分自身も衆議院に立候補します 新党の名前は 「今はひとり」 です。

 自分自身、政治家になりたいという気持ちは、ないんです。はっきり言うと。ヤクザな世界じゃないですか。
そんな世界に身を置くのはしんどい。でもこの1年以上市民活動に身を置いてきて一票も逃してはいけないと思っている。

 第一極、二極、三極というが、実質は二極しかない。若い人に知ってもらいたい。
一極は、この国を売り飛ばそうとしている。A or B の戦いなんだと知ってもらいたい。

 脱原発が大命題なのに争点になっていない。 燃料も発見できていない。収束宣言みたいなハッタリが言われている。 そう言われている間にも、日本は地震の活動期。阪神大震災から二年おきくらいには大きいの来てる。
日本をとりかこむ4つのプレートが動いている。元々原発はデタラメだった。今これを止めないと日本の国民は絶滅してしまう。
 直下に活断層があっても、動かそうとするんですよ。 原発をやめるということで、かわりになるものは何なんだと。
江戸時代に戻るという人がいますが、今動いてないけど、同じ生活ができている。

 動かすことは、99%の私たちが犠牲になることです。
 

反原発、反TPP、はっきりしたこと言う党と組んでいきたい。
 なぜ1人で出たのか。どの党の政策みても、「そんな、のんきなコト言ってられるね」といった内容。
そんなこと続けているうちに次の事故が起こる。
作業員さんたちががんばってくれてる間に、(原発やめる方向に)シフトしないといけない。

ボクが立つことによってもしも、やるという人がでて、5人集まれば党になる。比例で統一名簿で、たとえば「脱原発」と書けば(誰かが通る?) ...ホントは大きくやっていきたい。 実現するかはわからないが、やってみようと思う。それがかなわないなら、しばらく「今はひとり」が続くことになると思う。

脱原発、反TPP、反消費税、ちゃんと言ってくれてるところ、限られる。
 未来の党 社民党 みどりの風 新党日本(その他)、この国を救うと思う。

 どういうことやっていきたいのか、これまで市民活動でやってきたことと、ズレはない。「原発即時撤退」です。
東日本の避難の権利を確立できたらと思う。

それまでの基準やめて1ミリ→20ミリに。20倍にしてしまった。みなさんご存じだと思う。年間5ミリでチェルノでは強制移住でした。日本はどうでしょう。子どもにも20ミリあてはめて。狂ってるんです。マスコミも取り上げましたか? しがらみあるだろう。日本では取り上げるの難しい。これが殺人的な数字だというメディアがほとんどなかった。政府だけでなくマスコミも加担している。それではいけない、と思う人が今日(取材に)来てくれてると思う。

 放射線(業務)従事者が管理された区域に入る、それが放射線管理区域、年間5ミリです。その4倍もの数値なんです20ミリは。撤回されたようだがはっきりしない。政府は同心円状に汚染、と、そういうフリをし続けている。汚染区域に人を帰そうとしている。東日本一帯に汚染は広がり、ホットスポットとして存在している。くわしく知らされずに暮らしている人がいる。

 いったいなぜ、そうしているのか。この国は、人を切り捨てることをしている。枝野さんは「ただちに影響はない」と。その通りです。その時は大丈夫でも後々影響ある。これまでの公害でもまったく同じことが起こっている。これまで通りの暮らしをしたら、汚染作物が育てられてしまう。

 一般食品のレベル100ベクレル。500から下がったからよかったというものではない。100ベクレルは廃棄物として管理されてきた数字なんです。それがなぜ大きな声にならないのか。力になってくれた議員は少数派。(政治は)多数決なんです。力を集めることが大事。 

原発はものすごく大きな既得権益でなされてるんです。電力会社だけでなく電器会社、メガバンク、すべて関わっている。東電一社だけで260億円、電力10社で1000億円の広告費。いろいろな企業が関わって(東電の悪い面について)言えないんです。気がついた人しか声を上げていないんです。

 新聞・TV依存度が高い日本、コントロール簡単です。ある調査で、メディア依存度はアメリカなどでは20%、日本は70%、印象操作簡単なんです。 

みんなの生きる権利がないがしろにされている。はっきりさせたのが3.11。どうして瓦礫を燃やすのか、広域処理で放射性物質以外のアスベストなどもガスになって広がる。そういう声が聞こえてこない。環境省からメディアに40億円流れている。だからメディアも言えないんです。利権など、それより大きなものがある。汚染食品、汚染がれき、広げることで、汚染を均一化することになる。

 Q:TPP?

 A:脱原発といいながらTPPに色気を出している党があるが、偽物です。規制なくそう、一見よさそうに見えるが、日本の農業ただでさえ少ないのに、安い食品入ってきたら壊滅です。食糧を他の国にゆだねてはいけない。それだけでなく遺伝子組み換えなどの別の面もやってくる。他には医療。国民皆保険、3割負担だが、これも自由化が進めばアメリカみたいな高いものがやってくる。次には生命保険。歯を抜いたら100万円、肺炎で200万円、その結果、医療を受けられるのは金持ちだけになる。そんなことでいいのか。環太平洋といいながら東アジアで乗り気な国、ほとんどない。中国も入らない。アメリカがおいしい思いするために、TPPやりましょうということなんです。海外から安い労働力が入ってきたら雇用も危ない。「大丈夫です」と政治家は言うが、関電も説得できなかったのに、アメリカと交渉できるのか。脱原発と反TPPはセットなんです。



 なんのために1人で出るのか。どこかの党から出ると、その党のカラー、歩調に合わせないといけないから。問題に対してストレートによどみなくやっていきたい。今日は12月1日。もうせまってます。3日ギリギリのところで、自民党や民主党から、良心の残っている人たち、ひょっとしたらこっちに流れてきてくれる人いるのじゃないのかと。一人でも不条理をこうむる人がいなくなればと、そういう志ある人。党から出られないというところで筋を通すのでなく、国民に筋を通してほしい。

 Q:東日本からの避難、どんなステップで?

 A:難しい問題です。3.11以降気づいたことですから。全国には沢山の限界集落がある。極力コミュニティごと動いてもらえればいいと思う。がれき広域処理にも代替案出てる。森を作って防波堤にするなど。

 脱原発や反TPPは、ある国に対する反逆なんです。オスプレイでもはっきりした。本国では飛ばさないものを日本で飛ばしている。アメリカのもう一つの州にすらなっていない。広域処理の費用は、アメリカ国債を売ればいい。

 (我が党から)出ないか、というお話はほうぼうからいただいていた。このタイムリミットまでのあいだに5人集まれて、比例区の統一名簿できたら......。まぁ協力してくれますよ。

 これまでの党から出て、何がしたいのか。民主、自民、公明、維新、国民新党、みんなの党(グレー)これらの党はこの国を売り飛ばそうとしている。この国に住まうものに目が向いていない。その他の党は協力しないといけない。二極の戦いなんです。本当の独立を目指さないといけない時なんです。この機会を逃すともうチャンスはないと思う。その機会を失うと思う。原発も避難も、もう争点にはあがらないだろう。 

Q:選挙区はどこ?

 A:まだ決めていないです。大事な所なんですが、一番面白いところでもある。一番強い相手にぶつかりたい。仙石さんはもう終わった政治家。3.11以降の悲劇、民主党が追い込んだ。首狩り族の1人としてけじめをつけてやろうと玉砕覚悟で思っている。みんなに選挙を面白がってほしいと思う。面白くするためには橋下さんに出てほしい。なかなかカードは切らないと思うが。本人いわくケンカが強いらしいから、ぜひともガチンコで勝負したいです。どの選挙区でも勝つ気でいます。メディアに関してもキー局で注目されたい。そうでないと地方局で注目されない。今、言ってることはカットされるかもしれないがTV用に言い換える。

 Q:理念・公約わかったが、勝つプランは? どうケンカするのかビジョンを。

 A:メディアに注目してもらえるか。できる限り、僕たち側、国民の命を守ろうとしている党とはかぶりたくない。つぶし合い、票の奪い合いになってしまうから、調整していきたい。一番はお金だと思う。フィクサーいるのでは? と言われてるが、資金源はみなさんなんです。いまから募るんです。資金面としては100%市民選挙になります。比例では協力できないとなるなら、Bチームの中で超党派で色々な問題に取り組んで行けたらと思う。誰にも媚びたくないんです。ボクが見たいのは、子どもを守りたいというお母さんがたです。党に入ってしまうと、言えない言葉が出てくる。 

Q:統一名簿は比例単独?

 A:このままだと小選挙区となる。増えていけば展開がかわる。時に応じて。

 Q:憲法9条について。徴兵制の問題。

 A:平和憲法は絶対にいじらせない。このままでいくと領土問題。勝手に起こったことではなく、こちらから石を投げてる。なぜ(アメリカの)ヘリテージ(財団)で会見したのか。徴兵制もそこから出てくるのだろう。徴兵させるなら、そう言った政治家自身が行くべき。彼らにガザに行ってレポートしてもらいましょう。戦争があっても傷つくのは若い人。この国では働いてもお金にならない。そうすることで徴兵やりやすくなる。

 Q:表現の自由について。ACTAも衆院で4分で起立投票で通ってしまったTPPも。二次創作もできなくなる。言論統制になり戦争に繋がると思っている。

 A:表現の自由に関しては、ボク自身がもうすでに規制されてる。(笑)お隣の独裁国家を笑えない。ACTAも、インターネットつぶし、何がしたいかハッキリしている。TV・新聞依存を増やしたい。本当の情報をメディアからだけでなく、インターネットから得てきた人たちがいる。それを根絶やしにしたい。インターネットは癌。広告収入がなくなってしまうから。メディアの方々、この問題流しませんでしたよね。当然ですよね。インターネットは敵ですもん。ヨーロッパでは通らなかったものが、日本ではアッサリ通ってしまって、なさけない。勉強会やってほしいと議員さんに頼んだけど人が集まらなかった。夜中まで踊って何が悪いんですか、風営法。クラブなどのカルチャーから表現生まれてきた。兵器工場で働けということか。若者の才能を伸ばすということに関して規制をする、そのことは反対していく。

 Q:原発がれき放射能。地元でかんばる人たちにはどう言うのか?

 A:混乱の大元は何か(どこか)、政府は事故を矮小化した。たとえ汚染があろうとも地元で暮らしたいと。元々の人間関係あり出たくても出られない人もいる。高線量だった時に、一度避難させて、除染してから帰すべきだった。「住み続けなければならない」ではなく不安ありながら暮らしてるならバックアップが必要だと思う。お金続かず避難先から戻る人もいる。「帰れます」といわれてる超高濃度地帯、チェルノ26年後でもまだ帰られない。2万4千年後に帰れるとロシアの役人が言ってた。そこをハッキリさせることです。帰られるか帰られないのか。ウクライナでは年間1ミリでも病気出てる。外部が1ミリでも内部被曝を避けられないから。先の人々の健康を担保するためにも、そこはハッキリしたほうがいいと思う。国としてバックアップすることが必要。除染は、チェルノは周囲30キロは放棄している。そこを置き場(震災遺物)として使わせてもらうとしか考えられない。


 原発の作業員のみなさんについて。収束宣言のために、給与も減った。僕たちの命を繋いでくれている。彼らの健康調査などやっていくべき。東電社員と食べ物が違うとか、そういう点もキチンと、フォーカスしていくべきです。


 山本太郎氏



山本太郎俳優 脱原発に60兆票! ‏@yamamototaro0
☆拡散願いm(_ _)m☆ ★新党 今はひとり郵便口座★ 郵便局から☆郵便振替☆名義 山本太郎☆記号10100☆番号78559041 他行から☆名義 山本太郎☆店名 018 ☆店番018 ☆普通預金 7855904 ☆1円から150万円まで(政治資金規正法より)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。