テレビのはなし

家にはテレビがありません。買えないんではなくて、置いてないだけです。(笑)
わたしはもともと、テレビっ子なので、基本的にテレビは好きなんですが、番組がつまらなくても見ているとついつい、見続けてしまって…。気付くと何も進まないので、移住を機にテレビを置くことをやめてみることにしたんです。

そしたら、なくても全く問題なし。というより、ないほうが、なんだか時間が有意義で、豊かになったように感じます。
ニュースなどの情報は、いつもネットで見ています。
そして、たまによそでテレビを見たりすると、伝えられている情報や、番組の内容に、ものたりなさや、希薄さを感じるようになりました。
「あれ?これだけ?これで何が伝わるんだろう??」「この番組、いったい何がしたいんだろう??」と。

同時に、以前まで自分が、何も考えずに、ただテレビから流れてくる情報を、そのまま受け入れていたことに気が付きました。

テレビの発信する情報に、いくつかの「問題点」があることは、「あの」原発事故で、はっきりと見せ付けられてしまいましたし、情報は「気をつけて」よく「識別」しながら頭を使って選んでいかなければならないと学びました。

そうしなければ、また、簡単に騙され、流されてしまいます。

ネットに出てくる情報にもいろいろあるでしょうけれど、その信憑性については、少なくとも、他の記事を照らし合わせたりしているうちに、見極められるでしょうし、いろいろな角度から「ものごと」を見ることができて、結果としてそのできごとをよく知ることができます。

そして、これはとても大切なことだということも。

そしてもう一ついいことは、テレビがないと、静かで外の音が良く聞こえます♪
今、窓の外では、スズムシが、綺麗な声で鳴いています♪



スポンサーサイト

ACTA

ネットユーザーとしては
と~~ても気になる!

「ACTA」という法案。
つい最近まで、私は存在すら知りませんでした。

あなたは知っていましたか?
この奇妙で、不可解な法案が、こっそり推し進められようとしていたこと…。





世界で反対の声を挙げるの大規模なデモが。
これって当然だよね。
EUに続きメキシコもACTAに「NO」日本だけ批准に走れど「発効は絶望的」との見方が強まる

夏野菜

我が家の小さな畑では、夏野菜が最盛期です。
ゴーヤ、ズッキーニ、なす、トマト、モロヘイヤ、ピーマンなど。
コピー ~ P8190464

ラタトゥイユ(夏野菜のトマト煮込み)をつくったり、ゴーヤは薄くスライスして、ニンニクと粒マスタードと仕上げに粉チーズで炒め合わせると、ペペロンチーノ風でたべやすくて美味しいです♪常備菜にも

# フレンチトースト

たまに、無性に食べたくなるんですよね!フレンチトースト♪
島内にあるパン屋さん、もちづきの天然酵母パンでつくりました

コピー ~ P8140438

メープルシロップをかけていただきます
しふくの時

海水浴

海に泳ぎに行ってきました!
せっかく島にいるんですから、泳がない訳に行きません
コピー ~ P8190448

と言いつつも…今年3度目とそんなに泳いでないのですが(笑)

夕方近い海岸、人も少なくてプライベートビーチ状態です♪
コピー ~ P8190441

コピー ~ P8190444


あ、カニ。
コピー ~ P8190453


お盆も過ぎて、空も高く、風も涼しくなってきました。
秋がやってきてるんですね。

コピー ~ P8190459

十七夜祭

先日、大崎上島、木江(きのえ)のお祭りに行って来ました♪
遠くから聞こえてくる太鼓の音は、気持ちをわくわくさせてくれます
この島にきて、初めてのお祭り!楽しみにしていました♪


日が沈み暗くなりだした港。(潮が引いてます)
ぼんぼり(提灯?)に彩られた様子がとても綺麗でした。
P8040296.jpg

鳥居にも、ぼんぼり(提灯?)
P8040302.jpg


P8040300.jpg

遠く櫂伝馬の向こうから、大きな月が昇ってきた。
まるで予定していたかのような完璧な演出に、鳥肌が立ちそうでした!
神秘的です…。(うまく撮れてなくて残念。)
P8040313.jpg

ディ○ニーシーみたい!!(なんて安易な表現…)
P8040312.jpg

月と花火のコラボレーションです。
P8040355.jpg

P8040320.jpg

とても豪華な花火でした!
瀬戸内の凪いだ海に映る花火も美しい~♪
P8040347.jpg

P8040348.jpg

P8040355.jpg

ダイナミックなフィナーレは圧巻!
P8040370.jpg

これだけの花火を、人ごみに巻かれることなく見られるのは、結構贅沢なのかも。

祭りが終わって静かな夜の海が戻ってきました。
P8040379.jpg



帰り道、月が煌々と夜空を照らしていました。
途中、家の手前で思わず車を止めてその景色に見とれてしまいました。


P8040401.jpg

P8040388.jpg

P8040391.jpg
ジブリアニメーションの中に入り込んでしまったような、とても神秘的で、不思議な夜でした

8月6日

今日は8月6日
広島では67年前に原爆が投下された日。

核なき世界を 被爆67年式典

私は東北で育ち、今年移住先探しの旅に来るまでは「ヒロシマ」を訪れたことは一度もありませんでした。
それが、どういうわけか、縁あって、今その広島県に住むことになりました。

「フクシマ」と「ヒロシマ」
震災後は、そのふたつが「被爆地」としてリンクして考えられる場面が増えたように思います。
福島・浪江町長が式典参列

広島の平和記念公園へは、広島に来て何よりも最初に行きたいと思っていたところでした。
広島に到着した次の日すぐに公園に向かい、原爆ドームが見える石碑の前で静かに手を合わせました。
「過ちは繰り返しませんから」と石碑に刻まれた言葉が苦しく心の中に沈んできました。

福島では(恐らく他の県でも…)8月6日の朝8時15分にブザーが鳴ることはなかったかと思います。
それでも、その悲惨な出来事は、私の中でもとても大きな意味を持っていました。
子供の頃、授業で見た「裸足のゲン」は恐くて仕方ありませんでした。そして強烈な印象を残しました。
「こんな悲惨な戦争は絶対にしちゃいけないんだ」それは、子供ときも、今でもずっと変わらず心にあることです。

でも、どうしてそんな戦争が起こるのか、誰が何のために起こすのか、「戦争は恐い」という感情論のその先に本当に理解しなければならないことが、世界にはたくさんあったのだということが、最近やっとわかってきました。
それをひとつひとつ理解していくことが大人になった私の責任でもあるのだと思います。

今日、8時15分鳴り響くブザーと共に静かに黙とうを捧げました。
もうこれ以上、本当に過ちを繰り返すことがないように…
世界中の人が、戦争のない社会で、どちらかの国が飢えることなく、平等に、安心して平和に暮らせるような世界になりますように。
それはほんとに一つの小さな小さな想いでしかないのかもしれないけれど、強く確かな祈りです。

きっと、「フクシマ」では今日も、何事もなかったかのように、みんなが平和に当たり前の1日を迎えているのでしょう。
それを本当に喜んでいいのかどうか、私にはまだわかりません。

そして静かな戦争は今日も続いているのかもしれません。