スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で7ヶ月になりました!~ワクチンのこと~

ご無沙汰しております!
最後に更新したのは3ヶ月前?
気がつけば息子は今日で7ヶ月目を迎えました!
はやーー!

好奇心旺盛!動くの大好き!な、息子。
一人ずわりもしっかりできるようになったし、ハイハイもできるようになり、行動範囲が広がってますます目が離せなくなってきました!

大きくなるにつれ、その仕草や表情の豊かさ、面白さが増していて、毎日見ていてほんとに飽きません。
両親が笑うと息子もうれしいのか、一緒にニコニコ!
大変さもありますが、喜びも大きい。子育てしっかり楽しんでいます!

IMG_0142.jpg



先日6ヶ月検診に行ってきました。
そこでやはり言われたのがワクチンについて。
うちではワクチンは打たない方針なのです。
ワクチンは義務ではありませんが、小児科の先生からしたらほとんど打って当然、な、雰囲気。
社会的にもワクチンは子どもを守るものであって、打たないなんて選択は一般常識的には考えられないものかもしれません。
しかし、そんなワクチンにも秘められた危険性があることが知られつつあり、「ワクチンは打たせない」という親が実は結構増えているんです。

ワクチンの危険性については以下のサイト等が参考になります。

○ロタワクチンと乳糖不耐症
http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1777

○腸重積とロタワクチンの関係
http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1778

○ワクチン強制化された幼稚園で自閉症になった児童の割合が最高で17%増加」・カリフォルニア州
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12273879800.html

○イタリアで小児へのワクチン接種が強制となる法律が承認される中、アメリカで初めてとなる医学調査「ワクチンを接種した子どもと、摂取していない子どものどちらが多くの病気を持っているか」の衝撃の結果を見てみると
http://indeep.jp/study-find-vaccinated-children-is-more-sicker/

などなど…ネットでもワクチンに関して様々な情報を見ることができます。
お医者さんはワクチンを打たなければ病気にかかるリスクが高くなるというけれど、逆にワクチンを打つことで病気になったり、障害が現れたりするリスクが高まるというデータや証言が存在します。

様々な情報がある中で、一体何を信じたらいいのか?
日本人の場合は、ついつい権威ある人とか、一般的な意見とかに流されてしまいがちですが(みんな打ってるからうちも、みたいな)、それが正しい選択なのかどうかはしっかり見極めなければいけない。
言われるがまま、流されるままではなく、識別力を働かせて、ちゃんと調べて、選択しなければと思います。
それが自分の人生に責任をもつということに繋がるのかなと。

少し逸れましたが、野口整体の「誕生前後の生活」に興味深いことが書いてありました。

《野口晴哉著 誕生前後の生活 全生社 P36》

子癇を起こしたり、腎臓を毀したりする人の中には、成長過程に必要な病気のコースをやっていない場合が多い。
 耳下腺炎というのは、いわゆるおたふく風邪ですけれども、その余病は睾丸炎、卵巣炎、脱腸、寝小便といった骨盤関係の機能異常を起こす。特に16、7歳思春期に近づいて耳下腺炎をやった場合には余病を起こしやすい。特に睾丸炎や卵巣炎を起こす。(中略)
発育不全の人達を見ますと、耳下腺炎をやっていない人が圧倒的に多く、やっても中途半端なやり方をした人が多い。愉氣をすると固くなっていて、それが腫れると生殖器の発育が急に変わってくる。そこで発育不全とか、インポテント、月経困難、流産症、不妊娠とかいう場合に耳下腺に愉氣をすると、かなりの率でよくなるのです。そこから考えると子どもの余病は身体の成長過程、蛇の脱皮ににたもので、病気だと言っても、大人の病気のように簡単に治してしまうべきものではないように思う。耳下腺炎を上手に経過するとみんなきちんと大人になります。』
《P92》
丈夫な大人に成長させるためには病気を乗り越える身体の力を自分のものにしていくことが大切で、病気にしない用心は要らないのです。(中略)
熱が出れば遺伝的な梅毒もなくなるし、淋病もなくなるのです。持っている遺伝的要素がどんどん改善されるのです。改善する機会として、頻繁に風邪を引いてもそのままで通すと、四歳以降はすっかり丈夫になります。』




何事も“予防”が重要視される現代医療の価値観からしたら驚くべきことですが、風邪をはじめ病気の中にはかかったほうがよい病気があるというのは、目からうろこではないでしょうか。
著書の中にはそういった病気を健全に“経過”するための方法も紹介されています。(おすすめ→風邪の効用

かかるべき病気をかからないように抑えたり、身体の経過を無視して無理に治そうとしたり(解熱剤の使用等)することで逆に、より大きな病気を呼び寄せてしまっているなら、こんなバカなことはありません。

息子には、過度な予防で免疫力を下げさせるのではなく、薬に頼らなくても丈夫に生きていける免疫力や抵抗力をつけさせてあげたい。
それには食事に気をつけたり、心をよく理解した上で十分な愛情も必要です。子供を守るための知識や情報も必要です。

他と違うことをするというのは、他の人にその理由を説明して理解を求めたりする対話力も必要だし、精神的な強さも必要かもしれません。
でもそういう親の姿を見て、子どもに大きくなってもらいたいし、そこから何かを感じとってもらいたい。

本当に自立した大人に、私自身もなりたいし、子どもにもそんな風に育ってもらいたい。
そんな風に思っています。



スポンサーサイト

3ヶ月め



2月も後半。日も徐々にのびて、どことなく春の足音が聞こえてきました。大崎上島では19日、鶯の初鳴きが。もうすぐ本格的な春がやってきそうです。
 
 今月22日で息子、悠仁(ゆうと)は無事生後3ヶ月を迎えました。
昼夜問わず1時間半から2時間置きの授乳から、最近は徐々に眠る時間も長くなってきて、3時間くらいは続けて眠ってくれるようになりました。


最初の2ヶ月が精神的にも体力的にも一番しんどかった!ようやくペースもわかってきて、徐々に楽になってきました。

手抜きも技術。諦めも肝心。疲れない工夫や、自分や家族を追い込まない考え方を身につけることもひとつの智慧だなと思いました。家事の優先順位を下げて、まずは自分の体と赤ちゃん優先。少々ホコリが気になっても、洗濯物が溜まっちゃっても、おかずの種類が少なくっても!「やらなきゃいけない」と思うと赤ちゃんに集中できないし、「私ばっかり家事をしてる」なんて、旦那にイライラしてしまう。疲れがたまると精神的余裕がなくなって、どんどん不幸せな方向に自分が傾いていってしまう。
これではモトモコモありません!「あれをやらなきゃ、これをやらなきゃ」という「目的意識」を極力捨てて、その時その瞬間に集中する。「無目的」に徹するよう心がけるようにしたら、ほんとに、随分楽になりました。(そしてなるべく疲れはためないように!)

 そしてようやく3ヶ月目を迎えた悠仁さん。すでに人間らしく、意志のある瞳をしています。
 
DSCN3978 - コピー

 2月19日の朝、首の座りを確認するため、腕を持って起こしてみると、背骨に沿ってしっかりと首を持ち上げることができるようになっていました。つい前日まではできなかったのに、たったの一晩でできなかったことができるようになっている!この小さな体に宿っている大きな生命力を感じた瞬間でした。

 写真のように、うつ伏せにすると一生懸命首を持ち上げようとます。あやすとキャッキャと笑うようになりました。
抱っこをしてゆらゆらしながら歌をうたってあげると、一緒に「あぐ~あぐ~」と言ってごきげんです。…しかし日々重くなっていく悠仁さん。先日の検診では5450グラムと、生後3ヶ月弱にして、産まれたときの2倍以上の重さになりました。抱っこの腕は痛くなるけれど、満面の笑みには絶大な癒やし効果が!抱っこ疲れも一瞬で吹き飛ばしてしまいます。

 日々育っていく悠仁を見ていて感じることがあります。もうすでに私たち大人と全く同じものが、「赤ちゃん」の中には内在していて、これから大きくなっていくため、生きていくための様々な能力が、ギュッとつまった一粒の種といった感じ。育とう、伸びようとする生命力が内側から溢れ出しています。
大人は、この赤ちゃん(子ども)に対して、必死になって「教えよう」「律しよう」としてしまいがちです。(学校がそもそもそういうところ)
ですがそういった何かを“付加”することばかりに気を取られないように気をつけたいと思います。子どもの中にすでにあるものを引き出す手伝いをすること。あくまでも「育む」という視点で子供と対等に向き合える子育てを目指していきたいと思いました。

 最近、野口整体の創始者、野口晴哉氏の「叱言以前」という本を読み始めました。実はまだ序章しか読んでいないのですが、もうすでに「いい!」これは子供と接するすべての人に読んで欲しい本だと思いました。これから育児の合間にじっくり読み込んでいきたいと思っています。

【叱言以前 野口晴哉著 全生社】
-引用-
子どもの裡には次代を拓く智慧が宿っている。子どもの無知を無智と間違えてはいけない。子どもの無知は大人がかって想像もしなかったことを考え、思いもつかぬものを創造する。子供たちはその無知の為に大人の驚かなくなっていることに驚き、興味を持ち、追求する。
 りんごの落ちるのに驚き、鉄瓶の蓋の持ち上がるのに驚くことによって今世紀は拓かれた。次の世代も、又新しい驚きによって拓かれる。次の世界は今の世界の続きではない。新しい息吹だ。
 子供たちの驚きは幾百度の失敗をも乗り越えて、空気を食べ物にし、日光を動力にし、海水を鉱物にし、翼のない飛行機、車のない自動車をも生むかもしれない。過去の知識の残骸がこびりついている大人には、到底考えることのできないことを、この無知な新鮮な智慧は成し遂げる。大人は無知の新しき智慧を見ねばならない。正確とか、慎重とかいう過去の知識でこの智慧を傷つけたり、この気力を奪ってしまってはならぬ。二に二を足して四になることを知ったものには、二に二を足して三一八〇にしたり、十二万4千にしたりすることは考えることもできない。大人は自分達が過去に縛り付けられていることを自ら認めなければならぬ。-引用ここまで-


さぁ、これからが、本番です!

2107年2月22日

文明の利器

8月も残りあと2日!!

あの猛暑がウソのようにすっかり秋らしく涼しい風がきもちよいです!
(朝晩少し肌寒いくらい)

それにしても今年の暑さは厳しかった~。
雨もほとんど降らなかったので、雑草すらも枯れております。

昨晩久しぶりにまとまった雨が降って、植物もほっとしている様子です。

この夏は例年以上の暑さに加え、妊婦という不安定な体調もあり、一時期はすっかりバテバテになっていました。
適度なお散歩しようにも、暑さと疲労感で外出る気にもなれない。

在りし日の愛犬 まめこたん のようになっておりました。

まめぐろっきー
(福島→広島 18時間車移動でぐったりの図)

畑も春先までは元気の良い日を見計らって草刈りしたり、苗を植えたりもしていましたが…
あの夏の暑さに加え、すぐに疲れてしまうという不安定すぎる体調もあって、この夏はすっかり畑を諦めていました。

お腹は大きくなってきたけど、この涼しさなら少しは畑周りの掃除くらい、復帰できるかな?
というかぼちぼち冬の薪ストーブ(主に豆炭着火用)の燃料を集めなければと思います。

あまり無理はできないけれど、気晴らし程度にできる範囲で自然に近い暮らしをしていきたいなと思います。

と言いつつ、8月中旬、ついにうちにもクーラーが!!
元々クーラーの風はあまり好きではなかったし、エコじゃないなと思って設置する気は全くありませんでした。
去年までは4年間夏場クーラーなくても扇風機だけでなんとかなったのですが、今年は今までとはわけが違います。

すっかりバテバテな私に、父と母が出産前祝いにと、クーラーを買ってくれました!
ありがたや、父と母!(もうすぐジジとババ!)

クーラーとハイジのコピー


身体が・・・楽です。
ものすごく・・・楽です。

文明の利器に感謝ですわ~。
今はすっかり涼しくなったので、クーラーとして活躍したのは今年ほんの数日間でしたが、それにしてもお盆前後の一番暑かったあの数日間、随分助けられました。

いろんな方が「クーラー買いなよ~」と心配してくださってたので、ご報告と思い記事をアップしました。

一時期は夏バテ疲労で尿蛋白が+になっていましたが、おかげさまで検査結果も良好!
母子ともに順調に経過中です。

出産は島ではないのですが、一応自宅出産という形を取る予定です。
広島市内の助産院に定期的に通っていますが、これがまたすごく良くて!
病院では教えてくれないことがいろいろ知れて、勉強になって面白いのです!
右も左も分からない妊娠&出産にとっても心強いサポートを得られたと感じています。
毎月助産院に通うのがちょっとした楽しみ。

助産院のことをブログに書いてもいいですか?と助産師さんにも聞いて了解を得られたので、またそのうちに記事を書けたらいいなと思います。

最近(妊娠後)電磁波過敏症なのか、身体が帯電して、体調によってあんまり長いことパソコンに向かっていられないので
更新などいつになるかというところですが。

今いろいろ新しい経験と気付き、学びの真っ只中なので、体いっぱい、心いっぱい体験して、いろいろ学び取りたいと思っています。
子育ては大変だってみんな言うから、覚悟しているけど、さぁて、いったい何がどんだけ大変なんだと、受けて立つ!と、覚悟をもって臨戦態勢で望んでおります(笑)

何事も経験!
これからがほんとにほんとに、本番なんだと、心地良い緊張感と共に、出産に向けて楽しみな気持ちでいっぱいです!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。