スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分蜂ラッシュ

ここ数日は一気にミツバチさん達の分蜂ラッシュ!!


ぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶん。


…と、慌ただしい羽音が聞こえ出したら分蜂の合図!!

第1陣として先日、神峰山知的トレッキングから帰ってすぐ、師匠Kさん宅のみつばちさん達が分蜂。

でっかい蜂球ができているから見においでと声をかけていただき、カメラをもって駆けつけました。


するとこんな見事な蜂球が!

P4083199 - コピー

私の手と比べるとご覧のとおり。
P4083207 - コピー


下アングルでもどうぞ☆
P4083203 - コピー


こうやって家探しの偵察隊が戻ってくるのをみんなで身を寄せ合って待っているんです。

ほうっておくといつの間にかどこかへ旅立ってしまいますが、蜂球になってるところをすかさず捕えて新しい巣箱にいれてあげれば、そこにそのまま住み着いてくれます。

師匠が手早く蜂達を巣箱にかきいれている所

P4083224 - コピー

あとニホンミツバチを捕まえようと思ったら、この蘭を巣箱の前に置いておくとハチさんたちが匂いを嗅ぎつけてやってくるそうです。ニホンミツバチを引き寄せる特別なフェロモンを出しているのだとか。

P4083236 - コピー

蘭だったらなんでもいいってわけではないんだね。匂いを嗅いでみたけど、なんにも匂いませんでした。
人間には感知できない匂いをかぎつけて、ハチさんたちはやってきているんですね。
近い将来技術が開発されて、ある種のマスクのようなものつけると嗅覚増強で他の生き物が嗅いでる匂いを疑似体験できるようになったら面白いことがわかるかもしれない。


P4083234 - コピー

こんな感じで設置ね。
P4083226 - コピー
ネットをかけてるのは、受粉してしまうと花が終わってしまうから。
何度も使うためにこうしてネットをかけて受粉を防いでいます。
蜂からしたら生殺し状態なのかしら・・・。匂いだけでごはんお預け。な、なんて残酷なことを・・・・(/_;)


そして今日、我が家のみつばちさん達も、無事に分家して旅立って行きました。

うちでは既に2つ巣箱があり、友人とわけあっても今のところ十分にそれで足りているので、分蜂した群れを捕まえるということは今回はしませんでした。
きっと今頃自然のどこかに居心地の良い住処を見つけて、落ち着いているころではないでしょうか。


羽音が聞こえ出したので巣箱のところにいってみると、
いつもとは違った光景。蜂達が巣箱の外に沢山群がっていました。

P4193363 - コピー

でも蜂球が見当たらない。。。

なんで???

巣箱の下を見るとミニミニ蜂球を発見。
P4193387 - コピー

ちっちゃーい!
え??こんな分蜂もありなの?
それともなに?蜂も飼い主に似るの?みなさん、そんな自由蜂な感じでいいわけ?


よくよく見ると、手足を繋げ合って一つに繋がろうと頑張っているハチさんも。
P4193392 - コピー

蜂の世界にもいろいろあるのね…と思ってその場を去り、家の中に入りかけると何やら庭木のもみじのあたりが騒がしい。

ん?

あ!

いたーーーーーー!!!(*'д'* )

P4193406 - コピー

見て。この超ファンタジック蜂球。

もみじと、灯籠と、たぬきと…

そして蜂球。

まさに奇跡のコラボ。(笑)

P4193400 - コピー

「遠くへ行っても元気でね」と声をかけて、蜂達を見送りました。
P4193382 - コピー
スポンサーサイト

日本ミツバチ手作りコスメ

うちでは、日本ミツバチを飼っていますが、蜂蜜を採取すると、同時にたくさんの蜜蝋が取れます。

コピー ~ P5272020

その時々で、巣に蜜がほとんど入っていない場合もあります。
そんなこんなで、黙っていたら蜜蝋ばかりが溜まっていってしまいます。

せっかくかわいいミツバチさん達が、せっせと作ったハニカム芸術な蜜蝋を、できれば余すとこなく使いたい。

友人と協力して、まずは、採取した蜜蝋から、不純物を取り除く作業をしました。(作業の写真は夏場です)

P6142058.jpg

煙にご近所さんがびっくりしちゃうといけないので。

注意書き看板もちゃんと立てといたよ。

P6142057.jpg

このどろどろを
P6142056.jpg

茹でて、溶かして、漉して、冷やして…を何度か繰り返した結果

こんな感じに。
P1272842 - コピー

ホホバオイルと一緒に湯銭して、容器に入れて、固まったらできあがり!
P1272844 - コピー

乾燥する冬の季節、リップクリームに最高です!
蜜蝋の、甘くやさしいほのかな香りも癒されます(#^.^#)

化粧水は、ゆずの種を焼酎つけたものに、グリセリンを少し混ぜて、昨年から手作りしてます。
今年はリップクリームができました!
配合のオイルの量を増やせばハンドクリームにもなります。

これからもちょっとずつ、身の回りの手作りを、じょじょに増やしていきたいです。うしし。

はちみつ採れました!

今年初めて!初めて!
日本ミツバチのはちみつがとれました~~~~!!!!!!ヽ(*´v`*)ノ

一番上がだいたい蜜の貯蔵庫です。なので、一番上を取り出します。
(二段目あたりから、幼虫たちの育成ルームになります。)

まずは天板と巣をナイフで切り離していきます。
コピー ~ P5271991

コピー ~ P5271993


蜜がぎっしり詰まってます!!

コピー ~ P5272000

うわ~!もったいない!すかさず味見です♪(´◔౪◔)۶

コピー ~ P5271998


巣枠から巣を切り離します。
コピー ~ P5272011

ハニカム構造が美しすぎる♪
コピー ~ P5272020

コピー ~ P5272021

西洋ミツバチとは違い、遠心分離機にはかけられません。
(日本ミツバチ専用の巣枠をつくってる人もいるようですが。)
潰して、自然に蜜がたれてくるのをひたすら待ちます。
コピー ~ P5272024
ポレポレメンバー、みぽさんの子供たちもお手伝い!
日本ミツバチのはちみつを自分で採取するなんて、なかなかできない経験に、子供たちも大喜びでした。
とれったて日本ミツバチローハニー♪そりゃー美味しいし、嬉しいよね~♪


間、作業に夢中になり、写真がありませんでした(笑)
その後、一晩以上おいて、蜜が落ちるのを待って、更にざるにガーゼを敷いて、ゴミを濾過します。

P6142064.jpg

すると、きれいな琥珀色のはちみつに♪
今回は一つの巣枠で大体3リットルくらとれました!(かなり優秀です!)

日本ミツバチさんは西洋ミツバチに比べて気性が優しく、おとなしいです。
一応、網はかぶってますが、噴霧器など使わず、蜜を取らせてもらっても、襲ってくることもありませんでした。
驚いてブンブン警戒音は鳴らしておりましたが…。
コピー ~ P5272004
見れば見るほど、賢くて、可愛らしい日本ミツバチ!
大好きな隣人です♪
ミツバチさんたち、ありがと~~♡



ハニー♪

ニホンミツバチを飼いはじめて、数ヶ月たちました!!

P9050502.jpg


通りがけに様子を覗いては、観察しています♪

もぅ、その可愛らしい様子ったら…vv

かわいいっ!!!

でも、ニホンミツバチはただ、かわいいだけじゃない。
ものすごく緻密で完成されたネットワークと、役割分担があって、とても賢い生き物なんだと知りました!!

先日、巣箱の周りに、妙にたくさんのミツバチたちが出ていたので、不思議に思いました。
どうやら、新しい世代が孵った様子。

師匠によると、孵ったばかりの次の世代のミツバチ達は、一度群れでぶわっと飛び立って、周囲の環境を偵察し、自分の巣の場所との位置関係などを覚えるのだとか!

きっと先輩蜂たちが先導して教えているに違いない。
そして、自分達が先輩達から引き継いできたように、自分達の持てる智慧と技術を、惜しみなく、自分の妹・弟達にわたすのだ。
蜂たちの完璧な教育システム。すごすぎる。(半分はHiropanの脳内ストーリによるものです。)

先日は、大分大きくなってきた巣が、下にくっついてしまう前に、更に巣枠を追加する作業を。

P9050499.jpg

巣を開ける瞬間はいつもどきどき…。

ででででーーん(ま、まぶしい!!)

P9050503.jpg

順調に育ってます、育ってます♪

P9050506.jpg

ちなみに、こっちは師匠の育てているミツバチ達の、巣。
り…立派なハニーキングダム。
P9060519.jpg

ニホンミツバチ♪

最近、ニホンミツバチの飼育を始めました♪
ご近所に飼ってる方がいらして、分封(ぶんぽう)したからということで、分けていただきました♪

ミツバチのことは、まだぜんぜん知らないのですが、ニホンミツバチは、その名の通り、日本の在来のミツバチ。
一般的に売っている蜂蜜は、西洋ミツバチが集めたものです。

よく、「アカシア」とか「レモン」とか、はちみつの種類が分けられることが不思議だったのですが、それは西洋ミツバチだからこそできる特性なんだとか。(ますます不思議。)

ニホンミツバチは西洋ミツバチよりも、少しだけ体がちいちゃくて、どんな花からでも花粉と蜜を集めてきます。
初めて、ニホンミツバチのはちみつをいただいた時、風味の多彩さに驚きました!
ちょっと、今まで食べたことのない感じのはちみつ。とても美味しいです♪
いろんな花のカクテルみたいな感じでしょうか(笑)

P6170026.jpg

巣箱はこの「木枠」です。
西洋ミツバチの巣箱と違って、蜜を採取する時少し手間はかかりますが、今のところ売る目的ではないし、この、どシンプルさに惹かれます

ちゃんと自分達で巣を作ってる!!
かわいいっ♪
P6170045.jpg

P6170044.jpg
巣が大きくなったら少しずつ、下に木枠を足していきます。

せっせと集めた蜂蜜を、人間はいつも美味しいとこ取りしてしまって忍びないけど…(笑)
たくさん蜜が取れるように、蜂さんたちに頑張っていただきたいところです…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。